リセマム6周年

iPad 2をスタンドに置くだけでOKのワイヤレス充電

デジタル生活 パソコン

発表されたばかりのiPad2用ワイヤレス充電スタンド「エアボルテージ for iPad2」。購入を検討している人は、カバー装着時の感触などを確かめるために、実際に手に持ってみるとよいだろう。
  • 発表されたばかりのiPad2用ワイヤレス充電スタンド「エアボルテージ for iPad2」。購入を検討している人は、カバー装着時の感触などを確かめるために、実際に手に持ってみるとよいだろう。
  • エナジーカバーの側面にはミニUSB端子も装備されているので、iTunesとの同期にいちいちカバーを外す必要はない。
  • エナジースタンドの正面。接続端子がないので、スタンドに置くときも、接点を合わせるために気を使う必要がない。
  • エナジースタンドの背面。シンプルなデザインは好印象。スタンドから伸びるのは電源ケーブルのみなので、机上に置いて、充電しながらiPad2を利用する際にも、置き場所に困ることはない。
  • 村田製作所のブースでは、自社技術の紹介としてエアボルテージ for iPad2が展示されている。
  • 村田製作所のブースには、エアボルテージに利用されている受電モジュールなども展示されている。
 「CEATEC JAPAN 2011」の日立ブースおよび村田製作所ブースでは、発表されたばかりのiPad 2用ワイヤレス充電スタンド「エアボルテージ for iPad 2」が展示されている。

 モバイルデバイスにジャケットを装着しワイヤレス充電を行うエアボルテージは、スマートフォンではすでに商品化されていたが、iPad 2に必要な充電電力は10Wと、スマートフォンの5Wよりも大きいため、既存技術では商品化が難しかったという。

 エアボルテージ for iPad2では、より充電電力の大きい「電界結合方式」と呼ばれる新技術を採用することで、この課題をクリアした。

 製品は専用の「エナジーカバー」と「エナジースタンド」で構成されており、iPad 2にエナジーカバーを装着すれば、スタンドに立てかけてiPad 2を利用しながら充電することができる。エナジースタンドはしっかりと安定していて、iPad本体を置いたまま、画面のタッチ操作やホームボタンを押しても動いたり倒れたりすることはない。エナジーカバーも、実際に手に取ってみると滑りにくい材質で、非常に実用的だと感じた。

 また、カバーにはミニUSB端子が搭載されており、カバーをつけたままでもMacやPCに接続してiTunesとの同期が行えるように工夫されているのは便利だ。

 店頭予想価格は15,000円前後で、11月25日発売予定とのことなので、購入を検討している人は、日立ブースか村田製作所ブースで実際に手に取ってみるとよいだろう。

【CEATEC 2011(Vol.23)】iPad 2をスタンドに置くだけでワイヤレス充電……日立マクセル/村田製作所

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)