リセマム6周年

三省堂、中高向けの図書館業務クラウドサービス

教育ICT 学校・塾・予備校

LX3.0 School
  • LX3.0 School
  • LX3.0 School
 三省堂書店は10月5日、中学・高校向けのクラウド型総合図書館業務サービス「LX3.0 School」について発表した。

 同システムは、蔵書管理や貸出・返却にかかわるカウンター業務など、図書館運営に必要な機能をインターネットを経由して提供するクラウドサービス。システムラボが開発・販売する専門図書館向け図書管理システム「LX3.0」を、学校向けにクラウドサービスとして提供するもので、システム導入費用やサポート料、サーバ管理費用などのコストダウンが図れるのが特長だという。

 業界標準のSSL通信に加え、64bitの独自暗号化処理を行うなどセキュリティ面にも配慮。サーバは堅牢なデータセンターで運用され、万が一に備えたバックアップ体制をとるという。

 導入費用は0円、月額利用料は3万円から。利用期間も1ヶ月からと利用しやすい料金体系となっている。

 「LX3.0 School」のサービス開始に先立ち、同社では問い合わせの受付けを開始しており、今後デモサイトの公開やトライアルの実施を予定しているという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)