リセマム6周年

今年の世相を漢字一文字で…「今年の漢字」11/1より受付

生活・健康 その他

2011年 今年の漢字
  • 2011年 今年の漢字
 日本漢字能力検定協会は10月17日、2011年「今年の漢字」応募に関する案内を発表した。

 「今年の漢字」とは、一年を振り返り世相を表現する漢字一字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年実施している行事。昨年は、記録的な猛暑日の連続などから、「暑」の一字が選ばれている。

 今年一年の世相を漢字一字で表現した「今年の漢字」を11月1日より全国から広く募集する。もっとも応募数の多かった漢字は、12月12日の「漢字の日」にちなんで、京都・清水寺において森清範貫主が福井県越前和紙(縦1,500mm×横1,300mm)に揮毫し、清水寺「奥の院」のご本尊・三面千手千眼観音菩薩に奉納する儀式を行う。この儀式により、「今年の漢字」に託された今年の世相が清められ、新年が明るい年になることを願うという。

 応募方法は、ホームページ(11月1日に専用ページを公開予定)からの応募のほか、ハガキでの郵送、全国数百箇所に設置した応募箱への投函、FAXでの送信のいずれか。個人での応募のほか、学校単位で取りまとめる団体応募も受け付ける。

◆2011年「今年の漢字」
応募期間:11月1日(火)〜12月5日(月)必着
応募方法:ホームページ、ハガキ、応募箱、FAXなど
発表日:12月12日(月)京都・清水寺にて
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)