リセマム6周年

2011年度上期 携帯電話出荷台数はAndroidが約4割

デジタル生活 モバイル

携帯電話の出荷台数推移・予測
  • 携帯電話の出荷台数推移・予測
  • 2011年度上期 国内携帯電話出荷台数シェア
  • 2011年度上期スマートフォン市場シェア(メーカー別)
  • 2011年度上期スマートフォン市場シェア(OS別)
 MM総研は27日、2011年度上期(11年4月~9月)の国内携帯電話端末の出荷状況の調査結果を発表した。総出荷台数は前年比6.0%増の2,028万台だった。2007年度下期の2,563万台以来、ほぼ3年半ぶりの2,000万台市場となった。

 そのうち、2011年度上期のスマートフォン出荷台数は前年比4.5倍の1,004万台となり、総出荷台数の49.5%を占めた。スマートフォン市場におけるメーカー別シェアではシャープが228万台で1位(スマホ市場シェア22.7%)、OS別ではAndroidが799万台で1位(スマホ市場シェア79.6%)となった。これを、2011年度上期の国内携帯電話端末全体(携帯電話+スマホ)で見ると、「Androidスマートフォン」が全携帯電話端末のほぼ4割を占めることとなった。

 メーカー別出荷台数シェアは、シャープが2006年度上期以降の半期別台数シェアとして11期連続で1位を獲得した。出荷台数は394万台(前年比9.4%減)でシェアは19.4%(前年比3.3ポイント減)となった。2011年度上期スマートフォン市場1,004万台に占めるシャープのスマートフォン出荷台数は228万台でスマートフォン市場シェアでも22.7%で1位となっている。2位は昨年度同様の富士通(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ含む)で338万台(18.6%増)、シェアは16.7%(1.8ポイント増)。3位は昨年度6位のソニー・エリクソンで260万台(83.1%増)、シェアは12.8%(5.4ポイント増)。

 2011年度通期についてMM総研は、前年比10.5%増の4,160万台となり、2007年度以来、4年ぶりの4,000万台市場になると予測している。うちスマートフォン出荷台数は2,330万台となり、総出荷台数の56.0%と過半数を超えるだろうとしている。

2011年度上期・携帯電話出荷台数、Androidスマホが約4割を占める……MM総研調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)