リセマム6周年

レーシングドライバーの中嶋一貴が小学校で特別授業

教育・受験 その他

中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
  • 中嶋一貴選手が、御殿場市内の小学校でモータースポーツに関する特別授業を行った
2日、「JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011」(開催日:11月11~13日)に出場する中嶋一貴選手は、御殿場市内の小学校を訪問しモータースポーツに関する特別授業を行った。

特別授業は、フジスプリントカップ実行委員会が富士スピードウェイ周辺の小山町、御殿場市、裾野市の公立小学校11校、県立御殿場特別支援学校の生徒約600名を招待して同レースの見学会を実施するのに先駆けた、事前授業として開催された。

中嶋選手は所属チーム「LEXUS TEAM PETPONAS TOM'S」のチーフエンジニア東條力氏とともに、講師として、御殿場市立富士岡小学校5年生の生徒たちに「夢を叶えるためには」といったテーマの講義や、モータースポーツに関する生徒たちからのインタビューに応えた。

「夢を叶えるためには」と題した講義では、中嶋選手は「夢とか目標というのは時間とともに変わっていくものなので、目の前にあることを精一杯がんばることが大切。将来なにをやっていいか迷ったとき、その時がんばってきたことが大きく影響してくるので、何事にも精一杯取り組むことが、夢を叶える近道かなと思います」と語っていた。

授業では生徒からのインタビューも実施され、「お給料はどのくらいですか?」との質問に、エンジニアの東條氏は苦笑い「仕事を始めた頃は食べていけるかどうかだったが、自分の仕事が認められるようになるとレクサスが買えるぐらいになる」と答えていた。

校舎には、SUPER GTマシン『PETRONAS TOM'S SC430』が持ち込まれ、実際にエンジンを始動して、生徒たちにレーシングマシンの迫力を実感してもらった。レースマシンの爆音に、特別授業をながめていた別の生徒たちからも歓声があがり、エンジンが止まっても「アンコール!」の声が校舎全体から上がった。

[フジスプリントカップ11]中嶋一貴、小学校で特別授業

《椿山和雄@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)