リセマム6周年

のび太を妻夫木聡、ジャイアンを小川直也「ドラえもん」初の実写化

趣味・娯楽 その他

のび太の30歳
  • のび太の30歳
  • のび太とジャイアン、30歳
  • のび太の30歳
  • のび太の30歳
トヨタ自動車は、新CM『ドラえもん』シリーズに俳優の妻夫木聡さん、プロレスラーの小川直也さんを起用し、国民的まんが『ドラえもん』の世界を実写で描いたTV-CM「のび太の30歳」篇を、11日から全国でオンエアする。

トヨタでは、子どもや大人たちの夢をたくさんかなえてきた『ドラえもん』のように、夢のクルマを作りたいという想いを伝えるため、今秋より『ドラえもん』を企業キャラクターとして起用した。

新CMシリーズは、『ドラえもん』の20年後を舞台に、のび太をはじめとする登場人物が、大人になった姿を実写化した作品だ。

プロローグとなる第1話「のび太の30歳」篇では、妻夫木さんがのび太に、小川さんがジャイアンに扮し、30歳になったそれぞれのキャラクターを演じる。見どころは、子どもの頃と変わらない破壊的な歌声を響かせるジャイアンと、大人になっても気弱そうなのび太だ。

そして、次回の続篇(O.A.日未定)では、ドラえもんをはじめ、しずかちゃん、スネ夫といった主要キャラクターが勢揃いする。

ストーリー…いつもの空き地で、しずかちゃんが「私たち、どんな大人になるのかなぁ」と想像を膨らませる。のび太は「僕はしずかちゃんとドライブに行く!」と宣言。20年後---。車を運転しながら歌声を響かせているのはジャイアン。後部ドアから転げ落ちるように降りるのび太だった。

国民的まんが『ドラえもん』初の実写化

《高木啓@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)