リセマム6周年

富士通スーパーコンピュータ「京」が再び世界1位に

教育ICT その他

10位まで
  • 10位まで
  • TOP500公式サイト
 富士通は、理化学研究所と共同で開発中の京速コンピュータ「京(けい)」が、14日に公開された第38回TOP500リストで世界最高速と認定されたと発表した。2011年6月の第37回に続く2期連続の世界第1位となった。

 TOP500は、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを定期的にランク付けし、評価するプロジェクトで、年2回スーパーコンピュータのリストを発表している。今回の「京」のシステムは、864筐体(CPU数88,128個)の構成で、LINPACK性能は10.51ペタフロップス、実行効率は93.2%だった。

 ちなみに2位は中国の天河1A号、3位は米国のJaguarだった。

富士通、スパコン「京」が2期連続世界1位に

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)