リセマム6周年

年末年始の渋滞予測発表…ピークは1/2−3

生活・健康 交通・クルマ

渋滞予測表
  • 渋滞予測表
NEXCO3社、JB本四高速、日本道路交通情報センターは28日、年末年始の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめ発表した。それによると、1月2日~3日に、上り線で、ピーク時10km以上の渋滞が多く発生すると予測している。

そのほか、年末年始期間(2011年12月22日~2012年1月4日の14日間)の渋滞は、下り線で、12月29日~30日、1月2〜3日に、ピーク時10km以上の渋滞が発生すると予測。最大の渋滞は、1月2日に関越自動車道・高坂SA(上り)で45kmの渋滞予測がされている。

今回の渋滞予測は、昨年のような上限1000円のETC休日特別割引の適用がなかった過去の年末年始や、今年のお盆時期などの交通状況、東北地方無料措置等の交通状況を踏まえて予測したもの。

東北地方では、12月1日より開始される無料措置により予想外の渋滞が発生する可能性があり、出発前にその方面の最新の道路状況を確認の上、高速道路を利用してほしいと説明している。

混雑対策として高速道路会社は、登り坂等での速度低下注意喚起、渋滞末尾への追突注意喚起、休憩施設等での駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車ますの確保などを実施する予定だ。

高速道路各社、年末年始の渋滞予測発表…ピークは1月2〜3日

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)