リセマム6周年

就活解禁、各社の就職関連サイトが一斉にオープン

デジタル生活 その他

日経就職ナビ2013
  • 日経就職ナビ2013
  • リクナビ2013
  • マイナビ2013
  • クリ博ナビ2013
  • カイシャの評判
 日本経済団体連合会(経団連)が定める「採用選考に関する企業の倫理憲章」が今年3月に一部改正となり、新卒採用に関する広報活動の開始時期が前年までより2カ月遅い12月に改められた。これにより事実上の解禁日となった本日12月1日、2013年の卒業予定生を対象とした就活サイトが一斉にオープンした。

 日本経済新聞社が主管し、ディスコが運営する「日経就職ナビ2013」は12月1日、企業の採用情報公開と学生からのエントリー受付を開始した。オープン時の掲載企業数は約5,600社。

 同サイトは、日本経済新聞という客観情報を取り入れた業界・企業研究のためのコンテンツが豊富な点に特長があるという。同紙ならではの優良企業がわかる「NICESランキング」、「働きやすい会社」調査などのコンテンツを、会員は無料で閲覧が可能となる。

 リクルートの就職活動情報サイト「リクナビ2013」も同日オープン。選考活動の本格開始までの準備期間が短くなったことをふまえ、新機能を搭載するなど、就活生がより効率的に活動できるようにしていくという。

 「リクナビ就職チャンネル」では、リアルタイムチャットなどを用い学生が参加できるオンライン合同説明会を開催予定。企業が個別に実施するオンラインセミナーのも昨年以上に規模を拡大して実施していくという。またFacebookなどソーシャルメディアとの連携も強化している。

 マイナビが運営する「マイナビ2013」も同日グランドオープンし、企業の採用情報の公開と、学生からのエントリー受付を開始した。オープン時の掲載企業数は5,700社以上だという。

 同社では国内最大級の就職イベント「マイナビ就職EXPOシリーズ」を12月3日の名古屋・大阪会場を皮切りに全国10都市で開催予定。就活生の学業に配慮し、就職イベントは平日の開催を避けて実施するという。

 そのほか、イマジカデジタルスケープでは、ゲーム・アニメ・TV・映画・映像・広告などのメディア・コンテンツ業界に特化した就職サイト「クリ博ナビ2013」をオープン。また、エン・ジャパンでは、社風や年収、勤務時間をはじめ、さまざまな企業に関する情報を“口コミ"をもとに提供していく就職・転職サイト「カイシャの評判」を開設している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)