教育ICT用語

米学習調査、iPad活用が幼児の学力向上に効果

教育ICT モバイル

iPad活用学習調査(アウバーン市教育委員会調査)
  • iPad活用学習調査(アウバーン市教育委員会調査)
  • iPad活用学習調査(アウバーン市教育委員会調査)
 米メイン州のアウバーン市教育委員会は、教育現場でのiPad活用が幼児の学力にどう影響するかを調査し、結果を発表した。同調査では、iPad利用者と利用していない生徒の学力向上レベルを比較し、iPadは幼児の成績向上につながるという結果が出たという。

 同市内の16の幼稚園を調査対象とし、半分の8クラスの各生徒にiPadを支給した。iPadを導入したクラスと、従来の授業を続けたクラスのそれぞれで、学期開始直後と終了後の学力を測り、両クラスの学力向上率を比較したという。

 学力の計測には、4種類のリテラシー(英語の読み書き能力)試験が用いられ、そのすべてにおいて、iPad活用クラスの成績向上率が、従来のクラスを上回ったという。特に、OSELAと呼ばれる試験の音韻意識セクションでは明らかな差が確認され、iPad活用者は平均で2.1点不活用者を上回った。

 2011年4月に調査の実施が決定されたときには、財政面と実用性の観点からiPad導入を疑問視する声もあったという。今回の調査結果を受け、幼児期の読み書き能力を養うにはiPadの活用は効果的だとわかったうえで、今後どのようにアウバーン市教育委員会がiPadを導入していくかが注目されている。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)