教育ICT用語

2015年度センター試験、理科の出題方法変更

教育・受験 学校・塾・予備校

変更点
  • 変更点
  • 学習指導要領と大学入試センター試験の数学、理科の出題科目の対比表
 大学入試センターは7月24日、2015年度大学入試センター試験からの理科の出題方法等を一部変更すると発表した。主な変更点は、理科の基礎を付した科目は、4科目のうちから2科目を選択解答させ、1科目のみの指定はできないという。

 大学入試センター試験の実施方法が複雑化していることが指摘され、文部科学省に設置された検証委員会の報告書で、2015年度大学入試センター試験の実施方法等については「可能な限りシンプルなものとする必要がある」と提言されたことによる。

 主な変更点は、次の2つ。

 1つ目、理科の「基礎を付した科目」は、試験時間60分で「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」の4科目のうちから、2科目を選択解答させることとする。

 2つ目、理科の「基礎を付した科目」は、大学の科目指定においても1科目のみの指定はできないこととする。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)