1. トップ>
  2. 教育・受験>
  3. その他
世界最大級の科学技術コンテスト、上位入賞者は米国際大会参加権利

世界最大級の科学技術コンテスト、上位入賞者は米国際大会参加権利

2012年8月8日(水) 15時10分
JSECの画像

JSEC

JSEC2011の様子の画像

JSEC2011の様子

ISEF2012の様子の画像

ISEF2012の様子

ISEF2012の様子の画像

ISEF2012の様子

 朝日新聞社は、科学・数学分野の独創的な発想と研究成果を競い合う「第10回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」を開催、科学自由研究を9月1日(土)から10月6日(土)までの期間募集する。

 JSECは、科学ジャンルの自由研究を25の幅広いカテゴリーから募集するもので、学術的な研究のみならず、高校生ならではの独創的な視点によるフィールド調査や実験リポート、実験装置の試作、製品開発など、意欲的な研究作品を歓迎している。

 また、上位入賞者のなかから2013年5月に米アリゾナ州フェニックスで開催される世界最大級の科学技術コンテス卜、ISEF(アイセフ)に派遣する。2012年5月に開催された米国でのコンテストには、2011年のJSEC上位入賞者3組5名が参加。広島県立広島国泰寺高校2年生の3名が、米国物理教育学会および米国物理学会賞の佳作を受賞するなど活躍した。

 同コンテストは、世界約70の国や地域から1,500人以上の高校生が集まり、科学自由研究を発表しあうものであり、審査員は約1,000人、賞金総額は300万ドル以上という世界最大級の大会だという。まずはJSECでの上位入賞が必須だが、高校生らしい科学研究で挑戦してほしい。

◆第10回高校生チャレンジ(JSEC)
応募期間:9月1日(土)~10月6日(土)郵便物は当日消印有効
応募資格:高校生・高等専門学校生(3年生まで)
人数:個人またはチーム単位(最大3名)
応募方法:Webサイトより
《村尾 純司》

編集部のおすすめニュース

日本人高校生のプロジェクトが入選、インテル国際学生科学フェア

 インテルがメイン・スポンサーを務める2012年インテル国際学生科学フェア(Intel ISEF)が5月13日から18日まで米国ペンシルベニア州で行われ、日本代表チームが佳作に入選した。

京大、高校生の科学研究発表を募集…9/15シンポジウム開催

 京都大学は、9月15日(土)に高校生を対象にしたシンポジウム「安心安全の近未来社会とプラズマ科学」を開催する。高校生が日頃おこなってきた科学研究の成果に関する発表を募集する。

今ここで地震が起きたらどうなるか? 「もしゆれ」で判定

 防災科学技術研究所は3日、防災アプリケーション「もしゆれ(正式名称:もしもいまここで大地震の揺れに見舞われたらワタシはどうなる?)』を公開した。iPhone/iPod touch/iPadに対応しており、App Storeより無…

世界の高校生が激論、NYの模擬国連国際大会に実践女子が参加

 全国の高校生たちがニューヨークでの国際大会の出場権を巡り競い合う「全日本模擬国連大会」。実践女子学園のペアが優秀賞を受賞し、ニューヨークの国際大会に出場した。優秀賞受賞の背景、国際大会の経験などに…

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012…作品募集開始

 今年で2回目となる「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012」の作品募集が8月1日から始まる。募集期間は、10月31日まで。

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載