科学に関するニュースまとめ一覧

生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」植物、野鳥図鑑を公開 画像
教育ICT

生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」植物、野鳥図鑑を公開

 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける「山と溪谷社」は、日本の生き物専門の図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」の提供を1月17日より開始した。オープン時は植物と野鳥ジャンルの図鑑を用意。

挑戦的な研究を積極的に支援…文科省、科研費改革について提言 画像
教育業界ニュース

挑戦的な研究を積極的に支援…文科省、科研費改革について提言

 文部科学省は1月17日、科学技術・学術審議会学術分科会における科学研究費助成事業(科研費)の抜本的改革に関して「科学研究費助成事業の審査システム改革について」「科研費による挑戦的な研究に対する支援強化について」の2つの提言をまとめた。

新学術領域研究のH28年度評価…中間は東北大、事後は東大が最高評価 画像
教育業界ニュース

新学術領域研究のH28年度評価…中間は東北大、事後は東大が最高評価

 文部科学省は1月13日、平成28年度科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」に係る中間・事後評価について公表した。中間評価では東北大学ニュートリノ科学研究センター、事後評価では東京大学理学部による研究領域が、最高評価であるA+評価を受けた。

科学技術研究費が3年ぶりに減少、対GDP比3.56% 画像
教育・受験

科学技術研究費が3年ぶりに減少、対GDP比3.56%

 平成27年度(2015年度)の科学技術研究費の総額は、前年度比0.2%減の18兆9,391億円と3年ぶりに減少したことが、総務省の調査結果より明らかになった。国内総生産(GDP)に対する研究費の比率は、3.56%と前年度比0.10ポイント低下した。

京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5 画像
教育イベント

京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

 京都・滋賀・愛知を中心に学習塾を展開する京進は2月5日、京都と愛知にて京都大学准教授の海老原祐輔氏による特別講義「オーロラの謎を解き明かす」を開催する。対象は小学4年生~高校生。定員は京都105名、愛知80名。京進Webサイトにて申込みを受け付けている。

メンデル「優性の法則」100年の謎…東北大が遺伝子の優劣を決める仕組み解明 画像
教育・受験

メンデル「優性の法則」100年の謎…東北大が遺伝子の優劣を決める仕組み解明

 東北大学大学院生命科学研究科の渡辺正夫教授、高田美信技術専門職員らの研究グループは、遺伝子の優劣を決める新たな仕組みを解明した。これまで一般に考えられてきた説とまったく異なる仕組みで、100年前に提唱されていた説を立証する形となった。

学研、まんがで学ぶ「科学ふしぎクエスト」危険生物編が登場 画像
教育・受験

学研、まんがで学ぶ「科学ふしぎクエスト」危険生物編が登場

 学研プラスは11月24日、学研まんが科学ふしぎクエスト「絶体絶命!危険生物ワールドを攻略せよ!」を発売した。身近なものから世界最強の危険生物まで、その生態と身を守る武器に関する知識などを学ぶことができる。定価は1,200円(税別)。

【冬休み】SSH生徒や研究者集合「科学三昧inあいち2016」岡崎12/27 画像
教育・受験

【冬休み】SSH生徒や研究者集合「科学三昧inあいち2016」岡崎12/27

 12月27日、愛知県岡崎市の自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンターで「科学三昧inあいち2016」が開催される。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業をはじめとする、指定校生徒や科学技術に関わる者が集い、日頃の研究成果を発表する。

クリスマス前に見えるかな…「こぐま座流星群」今夜ピーク 画像
生活・健康

クリスマス前に見えるかな…「こぐま座流星群」今夜ピーク

 2016年の天体ショーを締めくくる「こぐま座流星群」が12月22日夜、活動のピークを迎える。22日の天気は全国的に雨が多いなど、条件はよくないが、クリスマス目前の夜空に輝く流星の出現に期待がふくらむ。

数理とデータサイエンス教育強化、拠点校に東大・京大など6大学 画像
教育・受験

数理とデータサイエンス教育強化、拠点校に東大・京大など6大学

 文部科学省は12月21日、「数理およびデータサイエンスに係る教育強化」拠点校の選定結果をとりまとめ公表した。東京大学や京都大学など6大学が選ばれ、各大学が有する強み・特色を生かした取組みを行う。

サル脳内に「やる気」スイッチ、目で見て操作…京大グループ 画像
教育・受験

サル脳内に「やる気」スイッチ、目で見て操作…京大グループ

 京都大学霊長類研究所の高田昌彦教授、井上謙一助教らの研究グループは、サルの脳内に発現させた人工受容体を生体で画像化する技術を世界で初めて確立。高次脳機能研究の飛躍的な進展が期待されている。

授業で使える無料素材「サイエンス・ミニトーク」日本科学未来館 画像
教育・受験

授業で使える無料素材「サイエンス・ミニトーク」日本科学未来館

 日本科学未来館では、科学館でのイベントや学校授業などで活用できる「サイエンス・ミニトーク」のスライド資料および動画を無料で提供している。利用にあたっては「ガイドライン」に従ったうえで、複製、公衆送信など自由に使うことができる。

ナイフで鉛筆削り、学習効果が向上?リバネスら共同研究 画像
教育・受験

ナイフで鉛筆削り、学習効果が向上?リバネスら共同研究

 科学教育・研究を推進しているリバネスは、ビクトリノックス・ジャパンらとの共同研究で、ナイフで鉛筆を削ることによる脳活動への影響を調査。その結果、学習前にナイフを使用することによって、集中力が維持され、学習効果が高まる可能性が示された。

中高生が科学的探究活動を発表「サイエンスキャッスル2016」 画像
教育イベント

中高生が科学的探究活動を発表「サイエンスキャッスル2016」

 リバネスが運営するサイエンスキャッスル2016実行委員会は、中高生のための学会「サイエンスキャッスル2016」を国内外5会場で開催している。中高生が主体となり、日頃の科学的探究活動について発表する。関東大会は12月24日、TEPIA先端技術館で開催される。

2016年度ソニー教育助成プログラム、最優秀校は諏訪市立中洲小 画像
教育・受験

2016年度ソニー教育助成プログラム、最優秀校は諏訪市立中洲小

 2016年度「ソニー教育助成プログラム」は、長野県諏訪市立中洲小学校がソニー子ども科学教育プログラムの最優秀校に決定。ソニー幼児教育支援プログラムでは、大阪府の深井こども園と奈良県の都跡こども園が最優秀園に決定した。

なんとか見たい「ふたご座流星群」観察チャンスは?12/13夜から明朝に期待 画像
趣味・娯楽

なんとか見たい「ふたご座流星群」観察チャンスは?12/13夜から明朝に期待

 12月14日午前9時ごろ、ふたご座流星群が極大を迎える。2016年は、月明りの影響や天候などにより、条件は厳しいものの、流れ星の出現を期待している人は多いことだろう。観察に適した時刻や方角、観察のポイント、気になる天気などを確認しよう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 89
page top