1. トップ>
  2. 教育・受験>
  3. 学校・塾・予備校
品川区立小中一貫校「豊葉の杜学園」2013年春開校

品川区立小中一貫校「豊葉の杜学園」2013年春開校

2012年9月18日(火) 14時04分
豊葉の杜学園校舎完成予想図の画像

豊葉の杜学園校舎完成予想図

豊葉の杜学園校章の画像

豊葉の杜学園校章

 2013年4月に豊葉の杜中学校と杜松小学校・大間窪小学校が統合し、施設一体型の小中一貫校「豊葉の杜学園」が誕生する。

 豊葉の杜中学校は、旧荏原第三中学校と旧荏原第四中学校が統合してできた新設校。現在、荏原第三中と大間窪小の旧校地で建設が進んでいる新校舎には、二葉すこやか園と荏原第五地域センターが併設される予定という。

 校名「豊葉の杜」(ほうようのもり)に使われている「豊」は学区域の豊町(ゆたかちょう)から、「葉」は同じく学区域の二葉(ふたば)から、「杜」は杜松小学校(としょうしょうがっこう)からとられている。

 品川区では、よりよい授業を目指して、保育園・幼稚園・小学校の連携や小中一貫教育に取組み、交流会や授業体験、合同研究会などを実施している。
《工藤めぐみ》

編集部のおすすめニュース

大阪市、施設一体型小中一貫校を整備…早期英語教育・ICT利活用等を実現

 大阪市は6月29日、市内の施設一体型小中一貫校の整備を行うと発表した。施設一体型の利点を活かし、小学校1年生からの英語学習、学年を縦断した反復学習や発展学習、ICTの利活用などの特色ある教育課程を実現する…

【EDIX】つくば市が考えるICT教育とは、新設公立小中一貫校「春日学園」の教頭が語る

 つくば市が同市立の全小中学校を9年間の一貫教育課程に編成したのが2012年4月。その中で、施設一体型校として新たに開校した春日学園の教頭毛利靖氏が、つくば市が考える生徒主導型のICT教育を紹介した。

つくば市で小中一貫教育がスタート、市立の全小中学校が9年編成へ移行

 つくば市では、2012年度から同市立の全小中学校で一貫教育を開始した。9年間の教育課程の編成、教科担任性の導入、ITスキルを活用した「つくばスタイル科」など、特徴的なカリキュラムが用意されている。

つくば「子どもが育つ街体験ツアー」、7家族が公立小中一貫校やJAXAなどを見学

 子どもが育つ街研究会、茨城県企画部つくば地域振興課は1月21日~22日、つくばエリアの子育て環境を体験してもらおうと、「子どもが育つ街体験ツアー」を実施した。

東京・公立中高一貫校11校の募集要項&学校説明会情報<総まとめ>

 東京都内の公立中高一貫校の各校から2013年度募集要項が発表された。9月には文化祭や学校説明会が開催されているので、公立中高一貫校を目指す受験生は、ぜひ足を運んでみよう。

公立小中連携の取組み、96%が成果あり…文科省調べ

 文部科学省は、小中連携、一貫教育に関する意見や調査結果をまとめ、7月13日に公表した。小中連携の取組みの成果について、96%の教育委員会で成果が認められ、とくに生徒指導上の成果があったことが明らかになっ…

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載