教育ICT用語

筑波大でサイエンスカフェ「食べものを作る動物たち」

教育・受験 学習

第66回筑波大バイオeカフェ
  • 第66回筑波大バイオeカフェ
  • バイオeカフェ
 筑波大学では、第66回バイオeカフェ「食べものを作る動物たち」を11月6日(火)に開催する。筑波大農林技術センターの田島淳史博士を招き、飲み物を片手に話しながら気軽に交流できるサイエンスカフェだ。

 サイエンスカフェは英国やフランスを発祥としており、カフェのような雰囲気の中、サイエンスについて語り合うというもの。通常一人のゲストスピーカー(話題提供者)が招かれて最初に講演を行い、その後ティータイムにゲストスピーカーと参加者の意見交換、参加者同士での意見交換を行うというスタイルで運営されている。

 筑波大のバイオeカフェは、生物学やバイオテクノロジーに関する話題を中心に、講義室や研究室といった堅いところではなく、飲み物を片手に肩の凝らない雰囲気で気軽に話そうという企画で2006年よりスタートした。

 現在では生物学だけでなく、生活に密接に関わる身近な問題などさまざまなテーマを取り上げ、専門家の講演をもとに、参加者全員で議論し、理解を深めていくことを目標としているという。

 日ごろ科学に興味を持っている人からそうでない人まで、広く一般に向けた催しで、だれでも気軽に参加できる。

◆第66回筑波大バイオeカフェ「食べものを作る動物たち」
日時:2012年11月6日(火)19:00~21:00
場所:つくば市サイエンス・インフォメーションセンター(茨城県つくば市吾妻1‐10‐1)
参加費:100円(飲み物代を含む)
申込方法:事前予約不要
定員:100名 ※先着順
主催:筑波大学大学院生命環境科学研究科・生物学類サイエンスカフェ
《勝田綾》

編集部おすすめの記事

特集

page top