教育ICT用語

【高校受験2013】広島県公立高校一般入試の志願状況、全日制1.21倍

教育・受験 受験

選抜IIの志願状況
  • 選抜IIの志願状況
  • 全日制本校の志願状況(一部)
  • 全日制分校と定時制の志願状況
 広島県教育委員会は2月25日、公立高校選抜II(一般入試)の最終志願状況を発表した。全日制本校84校151学科・コースの志願倍率は1.21倍となった。

 広島県公立高校の選抜IIは、2月21日(木)~2月25日(月)に志願変更を受け付けた。3月6日(水)~3月7日(木)に学力検査等を実施し、3月13日(水)に合格者発表を行う。

 全日制本校84校151学科・コースは、選抜II定員12,166人に対し、最終志願者数14,714人、志願倍率1.21倍となった。2月19日現在の志願者数より100人減少した。

 志願倍率の高い学校は、全日制が広島市立広島工業(自動車)の2.3倍、安芸(総合学科)の2.05倍、広島市立広島工業(機械)の2.0倍、定時制が広島市立大手町商業(ビジネス創造・昼間)の3.68倍となった。

 なお、選抜Iと選抜IIの結果、合格者の数が入学定員に満たない場合に行う選抜IIIは、3月21日(木)に作文・面接を実施し、3月22日(金)に合格発表を行う。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック