教育ICT用語

【大学受験2014】代ゼミ、医学部の入試変更点…東大・阪大・九大など

教育・受験 学校・塾・予備校

医学部医学科入試データ(国公立)
  • 医学部医学科入試データ(国公立)
  • 医学部医学科入試データ(私立)
 代々木ゼミナールは3月19日、2014年度より入試方法を変更する医学部医学科の入試データを公表した。東京大学や大阪大学、九州大学、自治医科大学など10大学で変更がある。

 同入試データは、代々木ゼミナールのウェブサイトの入試情報カテゴリに掲載されている。国公立大学と私立大学に分け、2013年度と2014年度の変更点が一覧表にまとめられている。

 東京大学(前期)は、2次試験において、英語以外の選択者は、問題の一部を他言語から選択不可になる。

 大阪大学(前期)は、第1段階選抜において、センター630点(900点満点)以上の者のうちから募集人員の約3倍までを合格とする。

 九州大学(医・医)は、後期の募集を廃止し、前期の募集人員を111人に増員する。

 なお、詳細は各校の募集要項で確認のこと。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top