教育ICT用語

NEC、墨田区教育委員会へWin8タブレットPC 300台を納入

教育ICT パソコン

Windows 8対応の最新の12.5型タブレットPC「VersaPro タイプVZ」が導入されたパソコン教室
  • Windows 8対応の最新の12.5型タブレットPC「VersaPro タイプVZ」が導入されたパソコン教室
  • パソコン教室の教壇。先生は生徒すべてのパソコン利用状況を把握・管理できる
  • キーボードとマウスを接続したタブレットPC
  • キーボードとマウスを外して、手軽に持てるようになったタブレットPC
 NECは9月5日、東京都墨田区教育委員会へ、Windows 8搭載、12.5型タッチパネルを採用したタブレットPC「VersaPro タイプVZ」を300台納入したと発表した。

 同教育委員会では、今年4月に同タブレットPCを区内の小中学校36校のうち7校に配布。各学校で随時利用してきたが、教員向けのICT利用研修を経て、授業での本格的な利用を順次開始する。

 タブレットPCが配布された各小中学校では、体育の授業でマット運動を撮影しその場で生徒に見せて指導したり、授業準備のために先生が教材作成や先生同士でのディスカッションなどにも活用していたという。

 同教育委員会は、Windows XPのサポート終了にともない、各校への最新機種導入を検討してきた。パソコン教室から普通教室への持ち運びなどを考慮してタブレット型の端末を候補とし、複数の生徒が見やすい大画面であること、他の教室へ持ち出しやすい1kg以下の軽量であることを重視したという。

 さらに、校内の業務システムなどとの親和性やセキュリティ確保の観点からWindows OSであること、電子黒板やプロジェクターなどと接続するため、キーボードやマウスと接続ができ、有線LANや外部ディスプレイ用コネクタを装備する拡張性があること、手書き入力ができることも重視したという。

 今回、すべての要件を満たすタブレット端末として、同社の「VersaPro タイプVZ」が採用された。

 今回のタブレットPC導入は、政府が目標に掲げている「2010年代中に全国の小・中学校で児童・生徒1人1台の情報端末整備」を見据えて、同教育委員会が、パソコン教室から普通教室に移動してPCを利用できる環境づくりの一環となる。
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top