教育ICT用語

学研、小学生向け学習専用タブレット「マナボード」をトイザらスで販売開始

教育ICT モバイル

マナボード
  • マナボード
  • 学研ビクトリー
 学研グループは日本トイザらスと提携し、小学生向け学習専用タブレット「マナボード」の販売を、11月15日より全国のトイザらス店舗などで開始する。学習コンテンツや百科事典などを搭載しており、全国の15,000の学研教室においても教材として使用されているという。

 「マナボード」は、五感を刺激しながら、自分のペースで学習を進めることができるタブレット端末。「学研ビクトリー」「学研電子図書館」「ニューワイド学習百科事典」「がっけんぐるみ」などのコンテンツを収録している。

 「学研ビクトリー」では、学校の授業の進度に合わせて、算数と国語の学習コンテンツを配信、英語学習にも対応しているという。「学研電子図書館」では、学研の児童書「ひみつシリーズ」などを電子図書で楽しむことができるようだ。

 また、小学校の学習内容を網羅した「ニューワイド学習百科事典」、ニュースやゲーム、日記などが楽しめる学研のソーシャルサイト「がっけんぐるみ」が利用できるほか、子どもにメッセージを送る機能や学習状況が確認できる「保護者モード」も搭載している。

◆マナボード(製品仕様)
ディスプレイ:8インチ液晶(強化ガラス)
OS:Android4.1.1搭載
CPU:DualCore
メモリ:RAM1GB/フラッシュメモリ8GB
無線LAN:IEEE802.11b/g/n準拠
カメラ:200万画素(リア)
メディアスロット:microSDカードスロット(32GBまで対応)
USB:microUSB×2(充電用×1、USB host×1)
音声出力:3.5mmミニジャック(ステレオ用)
サイズ:205mm×159mm×9mm
重量:455グラム
価格:32,999円
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック