教育ICT用語

CANVASが子ども向けプログラミング学習を始動、Googleが後援

教育ICT ソフト・アプリ

「コンピューターに親しもう」プログラム(イメージ)
  • 「コンピューターに親しもう」プログラム(イメージ)
  • 「コンピューターに親しもう」プログラム(イメージ)
  • 「コンピューターに親しもう」プログラム(イメージ)
  • 「コンピューターに親しもう」プログラム(イメージ)
 CANVASは、「コンピューターに親しもう」プログラム(仮称)を始動。2月8日にキックオフイベントを開催する。

 「コンピューターに親しもう」プログラムは、より多くの子どもたちに、プログラミング学習の機会を提供していくことを目的に、Google をはじめとするさまざまな企業・教育関係者等の支援により展開するもの。

 本プログラムでは、ゼロからコンピューターやプログラミングを学べるよう設計された名刺サイズのコンピューター 「ラズベリーパイ」と、プログラミングを楽しく学べるソフトウェア「スクラッチ」を用いる。

 子どもたちの継続的なプログラミング学習環境の実現を目的に、学校等では先生・指導者による授業・ワークショップ展開、家庭では子どもたちのプログラミング学習の機会の実現や保護者が知っておくべき知見の共有などを目指し、活動を展開する。

 具体的には、児童生徒向けプログラムでは、学校内外の授業や課外活動として、本プログラムを実施。CANVASが講師を派遣し、実際にラズベリーパイに触れながら、スクラッチでプログラミングを行う。また教員・NPO法人向けプログラムでは、指導者を対象とした研修イベントを実施。ラズベリーパイやスクラッチを使用した授業の指導方法や、基本的なコンピューターやプログラムの知識について指導する。さらに児童生徒・保護者向けプログラムでは、地方自治体などと協力し、保護者と児童生徒がともに学べるワークショップを実施する。

 キックオフイベントでは、CANVAS理事長の石戸奈々子氏、グーグル公共政策部 恩賀万理恵氏、プロジェクト監修・阿部和広氏が本プログラムの概要を紹介するほか、ラズベリーパイを使って、組み立てからプログラミングまでを行う「親子向けワークショップ」、気軽にプログラミングを体験できる「ハンズオン展示コーナー」なども用意する。

◆「コンピューターに親しもう」プログラム・キックオフイベント
日時:2月8日(土)
会場:東京大学大学院 情報学環・福武ホール シアター・スタジオ(東京都文京区)
入場料:無料
・キックオフプレゼンテーション
時間:13:00~17:30
対象:プログラミング学習に関心のある教育関係者、保護者など
定員:200名(先着順)
申込み:ホームページから
・親子向けワークショップ
時間:12:30~16:30
対象:小学生(3年生以上)とその保護者(1名)
定員:15組
参加費:無料
申込み:ホームページから
※現在満席、キャンセル待ち登録受付中
・ポスター デモ展示コーナー
時間:12:15~16:00
出展企業・団体:日経BP、RSコンポーネンツ、ちっちゃいものくらぶ、プログラミングワークショップ in 東北
申込み:不要
・ハンズオン展示コーナー
時間:12:15~16:00
内容:ラズベリーパイの組み立て起動体験、ラズベリーパイの拡張体験、スクラッチの自由体験コーナーなど
定員:15名
申込み:不要
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック