教育ICT用語

ICT教育サービス、ACCESSと東京書籍が協業…海外展開も視野

教育ICT その他

ACCESS
  • ACCESS
  • 東京書籍
 ACCESSと東京書籍は4月8日、「ICTを活用した教育サービス」と「オンラインプラットフォーム」の開発・事業化に向けて協業することに合意したと発表した。ACCESSの技術力と東京書籍の知見を持ち寄り、海外展開も視野に新たな教育サービスの開発や事業化を目指していく。

 両社は、これまでもデジタル教材開発の共同研究を進めてきた。今回の協業では、共同研究の範囲を拡大。世界中の人々がいつでもどこでも継続的に「学び」にアクセスできる環境の実現を目指していく。

 具体的には、「ICTを活用した教育サービス」として、教材電子化の流れに即した新たな教育サービスの企画・開発・提供を推進。「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」については、既に2社の教科書出版社に採用されているACCESSの教育向けEPUBビューア「PUBLUS(R) Reader for Education」とクラウド側機能を組み合わせたプラットフォームの開発・提供を目指す。いずれも海外展開を視野に入れて検討していく。

 教育サービスの提供、オンラインプラットフォームの構築を目指した活動を通じて獲得した知見のうち、標準化・共通化することが好ましい内容については仕様のオープン化も図っていく。

 サービスの実現に向けては、さまざまな企業や団体との連携も模索。出版社や各種サービス事業者、メーカー、システムインテグレーターなど、今回の取組みに賛同する企業や団体の参加を募り、運営のための枠組み作りも進めていく。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top