教育ICT用語

今夜発表のノーベル文学賞、村上春樹氏は2番人気…英ブックメーカー

教育・受験 その他

ノーベル文学賞受賞者の賭け率(ラドブロウクス)
  • ノーベル文学賞受賞者の賭け率(ラドブロウクス)
  • ノーベル賞、Webサイト
 ノーベル文学賞が10月9日の20時(日本時間)にストックホルムで発表される。英ブックメーカー「ラドブロウクス」の予想では、村上春樹氏が4.5倍で2番目の人気、1位は3.5倍のケニアの作家グギ・ワ・ジオンゴ氏となっている。

 村上春樹氏は、数年前よりノーベル文学賞の有力候補とされてきた。2013年は、「ラドブロウクス」において1番人気の3倍、2位のジョイス・キャロル・オーツ氏(6倍)、3位のナーダシュ・ペーテル氏(7倍)に大差で受賞最有力とされていた。ところが、受賞したのは、カナダ人作家のアリス・マンロー氏となり、村上氏の受賞は叶わなかった。

 今回は、1位がケニアの作家グギ・ワ・ジオンゴ氏の3.5倍、2位が村上氏の4.5倍、3位はベラルーシの作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ氏の6倍となっている。日本人のノーベル文学賞受賞者は、1968年に受賞した川端康成氏と1994年に受賞した大江健三郎氏の2名。村上氏が受賞すると、大江氏以来20年ぶり、日本人では3人目の受賞者となる。

 なお、1901年に始まったノーベル文学賞は、これまで106つの賞が与えられており、13人の女性受賞者、4つの同時受賞があった。また、受賞者がいない年も7度あり、複数人受賞または受賞者なしの可能性もあるという。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック