リセマム6周年

ディズニーシーに8つ目の新テーマポート開発、ランドは再開発も

趣味・娯楽 その他

2パーク大規模開発エリア
  • 2パーク大規模開発エリア
  • 東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」
  • 東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」エリア
  • 東京ディズニーシー「新テーマポートの開発」エリア
  • テーマパーク事業投資額
 オリエンタルランドは10月30日、東京ディズニーランドの「ファンタジーランドの再開発」や、東京ディズニーシーの「新テーマポートの開発」を中心に、新規アトラクションの導入などテーマパーク価値の最大化に向けた投資を実行するという開発構想を発表した。

 同社では、すでに公表している通り、今後10年間(2015年3月期~2024年3月期)で、テーマパーク事業に5,000億円レベルの投資を実行していく予定。

 東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍に拡張する。拡張するエリアには、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどの導入を検討している。

 東京ディズニーシーでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどで構成される8つ目の「新テーマポートの開発」を検討している。

 両パークの大規模開発構想のほか、アトラクションやエンターテイメントの新規導入やリニューアル、レストランの更なる充実や混雑感の緩和、暑さ・寒さ対策、キャストによるホスピタリティの向上などを行っていくという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)