教育ICT用語

おうし座&しし座流星群、観測ピークは11/17…太平洋側で好条件

教育・受験 その他

流星見えるかなマップ
  • 流星見えるかなマップ
  • おうし座流星群
  • しし座流星群
  • PC特設ページ「おうし座&しし座流星群2014」
 ウェザーニューズは11月7日、「おうし座&しし座流星群」を楽しんでもらおうと、観測のピークとなる17日(月)の全国の天気傾向を発表した。太平洋側は観測に好条件だが、日本海側や沖縄では雲の多いという。全国7か所から流星の生中継も行う。

 おうし座流星群は目立ったピークがなく、11月下旬にかけて緩やかな出現が続き、「火球」と呼ばれる明るい流星がよく出現すると言われている。しし座流星群のピークは18日(火)の午前7時頃で、17日(月)夜23時頃から18日(火)午前5時頃が観測にもっとも適した時間帯だという。条件が良ければ、しし座流星群を観測できる時間帯におうし座流星群も見られるかもしれない。

 17日の天気は、太平洋側を中心に全国的に晴れて、流星の観測には好条件の夜空となりそう。日本海側や沖縄では雲が多くなるが、雲が切れるタイミングを狙えば、流星が見られるチャンスはありそうだという。当日は冷気が流れ込んでおり、全国的に夜は冷え込むため、万全の防寒対策で観測に臨みたい。

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、17日22時より事前番組、23時より25時まで流星中継番組を放送する。全国7か所から流星を生中継し、流星の映像と観測スタッフのコメントをリアルタイムに伝える。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910ch)、PC特設ページ「おうし座&しし座流星群2014」、YouTube、ニコニコ生放送から無料で視聴できる。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら