教育ICT用語

東京学芸大、小学生対象の理科実験教室開催…ロケット・スライム・空気砲など

教育・受験 学習

自然ふしぎ体験 ~理科実験教室~ (昨年の様子)
  • 自然ふしぎ体験 ~理科実験教室~ (昨年の様子)
  • 自然ふしぎ体験 ~理科実験教室~ (昨年の様子)
 東京学芸大学は、小学3年生から6年生を対象とした理科実験教室「自然ふしぎ体験」を12月21日および2015年1月12日に開催する。

 理科実験教室は、観察や実験を通して、小学生にものづくりや自然の不思議と触れ合い、解き明かす体験をしてもらうことを目的に開催。同大学2年生約25名が大学の授業の中で企画・運営する。

 また、小学校教員を目指す学生にとっても、理科実験教室は、実践を通して子どもたちと関われる貴重な機会。子どもに対する直接の指導は学生が行うため不慣れな部分もあるが、指導内容、特に安全に関しては大学教員が責任を持って学生に指導するという。

 今回の理科実験教室はいくつかのテーマに分かれて実施する予定だが、具体的な内容は未定。過去には「エコカイロを作ろう」「光のふしぎ」「フィルムケースロケットを飛ばそう」「スライムを作ろう」「ストロー笛で音の正体を探ろう」「空気砲を作ろう」などの実験を行っている。

◆平成26年度 自然ふしぎ体験~理科実験教室~
開催日:12月21日(日)、2015年1月12日(月)
時間:9:45~15:00(予定)
会場:東京学芸大学講義棟
対象:小学生3~6年生
定員:各回45名
※応募者多数の場合は抽選
参加費:1回500円(材料費+傷害保険料)
締め切り:11月25日(火)
応募方法:Webサイトより
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)