医師国家試験、1985年以降で最高の合格率91.2%

教育・受験 受験

厚生労働省のホームページ
  • 厚生労働省のホームページ
  • 第109回医師国家試験の合格発表
  • 第108回歯科医師国家試験の合格発表
 厚生労働省は3月18日、医師国家試験と歯科医師国家試験の合格発表を行った。医師合格率は91.2%、歯科医師合格率は63.8%。医師合格率は、医師国家試験が年1回の実施となった1985年以降、最高となった。

 第109回医師国家試験は2月7日~9日に実施。出願者数9,356人、受験者数9,057人、合格者数8,258人、合格率は91.2%で、前年の90.6%と比べ0.6ポイント増加。このうち、新卒者の合格者数は7,798人、合格率は94.5%で、前年の93.9%と比べ0.6ポイント増加した。

 また、第108回歯科医師国家試験は1月31日と2月1日に実施。出願者数3,695人、受験者数3,138人、合格者数2,003人、合格率は63.8%で、前年の63.3%と比べ0.5ポイント増加。このうち、新卒者の合格者数は1,457人、合格率は73.0%で、前年の73.3%と比べ0.3ポイント減少した。

 どちらの試験も新卒者の合格率が高かった。合格者名簿の掲載期間は発表日から5月末までを予定している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)