教育ICT用語

ソニー、グローバルな教育サービス事業を展開…Edmodoらと提携

教育ICT その他

ソニー・グローバルエデュケーションのホームページ
  • ソニー・グローバルエデュケーションのホームページ
  • 会社概要
 ソニー・グローバルエデュケーションは5月1日、世界中の学校や団体、個人が利用できる教育サービス事業を開始した。グローバル仕様の教育サービスを提供することで、新たな教育インフラの創造を目指す。

 同社は「誰もが簡単に教育を受けられるように、誰もが競い合い、学び合えるように、アプリやサービスの枠を超えた新しい教育インフラを創り上げること」をミッションとし、「コンテスト事業」「学習サービス事業」「教育アプリケーション・プラットフォーム事業」の3つの軸を主に推進していく。

 「コンテスト事業」の第一弾となる「世界算数」は、第1回大会を2014年秋に日本語版で開催、2015年春に英語版と中国語版を開催し、世界各国の小中学校で試験導入されてきた。今後は年2回の定期開催を通じて、参加国数や団体・学校数を拡大させていく。また、カリキュラムは国や地域ごとにコンテンツを割り振るのではなく、日本・欧米・中国・アジアで提供されているものを同社が開発した新たな教育の尺度に基づいて、ユニークな形で新規に再構築して提供する。

 「学習サービス事業」では、多言語対応算数クイズアプリケーション「マスネイティブ(MathNative)」の提供と関連教材の販売を行う。

 「教育アプリケーション・プラットフォーム事業」では、世界各国の企業、教育関連団体、学校や学習塾などとのオープンな提携を通じて、教育サービス・プラットフォームを作り上げていく。具体例として、中国では「博識教育グループ」「一起作業」と連携、アメリカでは「Edmodo」と提携しサービスを提供していく。また、日本では「算数オリンピック委員会」「日本数学検定協会」「iML国際算数・数学能力検定協会」と提携し、従来にない算数・数学教育の仕組みづくりを協議、実施していくとしている。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら