リセマム6周年

【ワークショップコレクション11】36粒で何を描く?創造性を刺激するタイルアートに挑戦

教育・受験 学習

36粒で何を作ろう?どの子どもも真剣な表情
  • 36粒で何を作ろう?どの子どもも真剣な表情
  • 色とりどりのタイル。タイルの表面は丸みを帯びており、小さなこどもにも優しいさわり心地
  • 2015年も出展
  • 好きな色を散りばめたり、お友達と相談をしておそろいの絵柄にしたり。
  • 創作に悩む子ども向けに、作り方のコツを教えるシートも用意された
  • タイルには36マスの木枠がセットされ、幼い子どもでも作りやすい
  • 出来上がったコースターはスタッフのもとへ持っていく
  • 子どもとスタッフが一緒に、タイルをボンドで貼り付ける
 melon mosaic(以下、メロンモザイク)は、8月29日・30日に東京都渋谷で行われた「ワークショップコレクション11」でカラフルタイルを使ったタイルアートワークショップを出展した。同チームの出展は、2015年で6回目。

 メロンモザイクは、渋谷区代々木でタイルクラフト教室を開校している。メロンモザイクに所属する伊東亜由氏は、20年前からタイルクラフトの創作に取り組んでいるという。

 メロンモザイクの知見や伊東氏の技がぎゅっと詰まった同ワークショップは、2014年に行われた「ワークショップコレクション10」で人気ワークショップ投票2位に選出された経歴を持つ。2015年の出展では、雨の影響もあるため例年より少なめの参加者であるというものの、29日・30日の合計2日間で約850名が参加した人気ブースだ。

 「36粒で何つくる?カラフルタイルコースター」の作り方は至ってシンプル。まっすぐにタイルを並べやすいよう、木枠のコースターに透明な36マスの枠が置かれ、枠のマス目にタイルを配置すればコースターが完成する仕組み。幼い子どもでも取組みやすい工夫のため、3歳程度の女の子も果敢にチャレンジをしていた。

 子どもたちは、みな思い思いに36粒のタイルを配置。好きな色をちりばめたコースターや、36マスを4ブロックに分割しそれぞれに絵を描く子ども、人気キャラクターを模したコースターを作成する子どもの姿が見られた。

 伊東氏によると、カラフルコースター作りには、初めて出展した第1回以来毎年参加している小学生がいる。小学6年生になった2015年は、遂に6つ目のコースターを作り上げたそうだ。同氏は、タイルアートの持つ可能性について「年齢の変化に応じた新しい発見、創造を刺激する知育玩具のような役割があるかもしれない」と語った。伊東氏のもとで学ぶタイルアーティストの卵たちの優しい指導も、人気ワークショップであり続けるポイントとなりそうだ。
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)