教育ICT用語

立大、2024年度留学100%目指し給付型奨学金を新設

教育・受験 大学生

立教大学
  • 立教大学
  • 立教大学が進める国際化戦略「Rikkyo Global 24」
 立教大学は、2016年度より学生の海外留学を経済的に支援することを目的とした「立教大学グローバル奨学金」を新設する。返済の必要がない給付型奨学金で、立教大学が実施するすべての留学プログラムに参加する学生を対象に給付を行うという。

 立教大学では、2014年5月に公表した国際化戦略「Rikkyo Global 24」を基盤とした構想が文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」に採択されており、現在、毎年約1,000名の学生が海外留学している。今後、ますます学生の留学を加速させ、2019年度には50%(年間2,000名)、2024年度には100%(年間4,000名)の学生の海外経験を目標としているという。

 一方で、留学を考えていない学生のおもな理由が経済的なものであることが日本私立大学連盟が2014年に行った学生生活実態調査により明らかになっている。立教大学では、留学意欲があっても経済的な理由により海外留学を断念している学生を支援するため、新設される奨学金制度を整備し経済状況にかかわらず積極的に留学プログラムに参加できる環境整備を進めているという。

 立教大学グローバル奨学金は、返済の必要がない給付型奨学金。給付対象は、立教大学が実施する派遣留学、学部間交流プログラム、認定校留学のほか、単位認定を行う海外インターンなどの留学プログラムに参加する学生。2016年度は500名以上の学生に支給することを想定している。

 支給金額は10万円から40万円と、留学プログラムや家計の収入に応じて決定される。さらに、成績の優秀な学生を対象に、上乗せして奨学金を給付する「立教大学校友会成績優秀者留学支援奨学金」もあわせて新設。こちらは100名に10万円の給付を予定している。

◆立教大学グローバル奨学金
対象:派遣留学、学部間交流プログラム、認定校留学、その他単位認定を行う留学プログラムに参加する学部学生、大学院学生、正規の外国人留学生
金額:留学プログラムに応じ10万円から40万円を給付(家計の収入基準あり)
人数:基準を満たす対象者全員に支給

◆立教大学校友会成績優秀者留学支援奨学金
対象:「立教大学グローバル奨学金」が対象とする留学プログラムに参加する学業成績優秀な2年次以上の学部学生(正規の外国人留学生含む)
金額:10万円を給付
人数:100名
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top