教育ICT用語

第29回サラリーマン川柳募集開始、「爆買い」や「ドローン」期待大

趣味・娯楽 その他

第29回 サラリーマン川柳
  • 第29回 サラリーマン川柳
  • 2015年のキーワード
  • 日経平均株価の推移と第一生命サラリーマン川柳
 第一生命が実施する「第29回 サラリーマン川柳コンクール」の募集が10月19日より始まった。第一生命では、過去28回の応募作品を振り返り、今回の29回応募作品の傾向予測を発表している。

 バブル景気まっただ中の1987年に始まった「サラリーマン川柳コンクール」は、2015年で29回目を迎え、累計応募数は100万句を突破した。日本の経済に翻弄されるサラリーマンたちの悲哀を詠むサラリーマン川柳は、その年の世相を映す鏡として注目されている。

 第28回コンクールでは40,138句が集まり、「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」が1位に輝いた。前回の作品では、「ダメよ~ダメダメ」や、「アナと雪の女王」関するもの、無料通話・メールアプリ「LINE」でのやりとりをうたった句が多く寄せられた。

 第一生命の予測によると、日経平均株価の20,000円台回復や2年連続での賃上げ、急増した訪日外国人による「爆買い」などに注目が集まった。しかし、支出は伸びず、引き続き消費者の財布の紐は固いようすがうかがえる。賃上げの実感がないことを嘆く句や、「爆買い」をうらやむ句が増えそうだとしている。また、「爆買い」「ドローン」「火花」といった話題の単語や、「ラッスンゴレライ」のようなお笑いに関する言葉がキーワードになりそうだという。

 第29回 サラリーマン川柳コンクールの応募は、パソコンもしくはスマートフォンから受け付けるほか、専用の応募用紙でも応募可能。12月4日まで作品を募集し、2016年2月中旬に全国優秀100作品が発表され、私が選ぶサラ川ベスト10の投票を行う。2016年5月下旬に全国ベスト10は2016年5月に発表される。

◆第29回 サラリーマン川柳コンクール
応募期間:2015年10月19日(月)~12月4日(金)
応募方法:インターネット(パソコンもしくはスマートフォン)のほか、専用の応募用紙
スケジュール:
・全国優秀100作品発表、私が選ぶサラ川ベスト10投票/2016年2月中旬
・全国ベスト10発表/2016年5月下旬
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top