教育ICT用語

JAXA、小中学生対象「宇宙学校」群馬で初開催 12/20

教育イベント 小学生

宇宙学校・まえばし
  • 宇宙学校・まえばし
  • JAXA
  • 群馬県生涯学習センター少年科学館
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、12月20日、小学4年生から中学3年生とその保護者を対象とした「宇宙学校・まえばし」を、群馬県生涯学習センター少年科学館で開催する。同イベントの群馬県での開催は初となる。参加は無料、11月20日より申込受付を開始する。

 宇宙学校は、JAXA宇宙科学研究所の研究者が中心となり子どもたちに宇宙科学に対する理解を深めてもらうことを目的とし、親しみやすい授業形式で行われる講演会。宇宙科学の研究者がそれぞれの研究分野を分かりやすく説明し、子どもたちが不思議に思っていた宇宙に関する疑問をわかりやすく解説する。

 1時限目は「小惑星は宝箱~小惑星探査機はやぶさ2の宝探し」をテーマに、はやぶさ2が現在目指している小惑星Ryugu(りゅうぐう)について、どんな宝物があるのかという視点で講義を行う。2時限目は「国際宇宙ステーションにおける科学研究」をテーマに、国際宇宙ステーションの概要説明と宇宙の特徴、微小重力を利用した科学研究をいくつか紹介する。

 参加対象はおもに小学4年生~中学3年生とその保護者。定員は300名となっており、11月20日より電話にて申込みを受け付ける。

◆宇宙学校・まえばし
日時:2015年12月20日(日)13:30~16:10
会場:群馬県生涯学習センター少年科学館
対象:おもに小学校4年生~中学3年生とその保護者
定員:300名
参加費:無料
申込方法:群馬県生涯学習センター少年科学館へ電話にて申し込む
申込受付:11月20日(金)より受付開始
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)