教育ICT用語

九州最大規模、3世代が楽しめるワークショップの祭典…福岡12/5-6

教育イベント 未就学児

FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL
  • FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL
  • FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL
  • 「LINE Fukuoka/LINE」のワークショップではスタンプを制作する
  • 「しくみデザイン」のワークショップではオリジナルゲームをつくる
  • スマホが3D映画館に! 話題の「VRヘッドセット」
  • 電子手芸「オリジナルクリスマスツリー」
  • シャボン玉石けんの「無添加石けんづくり体験」
  • 地域の伝統工芸ワークショップも体験できる
 ホームセンター「GooDay(グッデイ)」を展開する嘉穂無線は、12月5日・6日に休校となった小学校跡地を貸切り、子どもから大人まで楽しめるワークショップの祭典「FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL」を開催する。入場は無料。

 嘉穂無線は、九州北部を中心にホームセンター「グッデイ」を展開している。2015年春には、プラントハンター西畠清順氏プロデュースの「迷宮植物園」、夏には舞鶴公園での都会型キャンプイベント「FUKUOKA MACHI CAMP PARTY」と、幅広い年齢層の人が楽しめるイベントを実施してきた。

 第3弾となる今回は、12月5日・6日の2日間、福岡市天神にある休校となった「福岡市立旧大名小学校跡地」を貸し切り、子どもから大人まで楽しめるワークショップの祭典「FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL」を開催する。

 「FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL」では、福岡に拠点を置き、インテル次世代UI開発コンテストで世界一にも輝いた「しくみデザイン」が、タブレットを使ってオリジナルゲームをつくるワークショップを行うほか、「LINE Fukuoka/LINE」はインターネット上で楽しいコミュニケーションを考えるワークショップと、悪口などを防止するLINEの「おたすけスタンプ」を制作するワークショップを実施する。

 ほかにも、年間7,000組を動員するGooDayのワークショップやシャボン玉石けんの「無添加石けんづくり体験」、クルーズトレイン「ななつ星」の内装にも採用されている大川市の「大川組子コースター製作体験」など、有名企業による出店や地域の伝統工芸ワークショップなど、子どもから大人まで楽しめる20種類以上のワークショップが大集結する。

◆FUKUOKA WORKSHOP FESTIVAL
日時:2015年12月5日(土)・6日(日)各日10:00~17:00
場所:福岡市立旧大名小学校跡地(福岡市中央区大名2丁目6-11)
実施内容:20種類以上のワークショップ
ジャンル:DIYものづくり、デジタル、九州の伝統、地域の伝統工芸、昔アソビなど
入場料:無料(ワークショップの出店社によっては、材料費がかかることもある)
申込み:事前予約なし。当日申込み順
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら