リセマム6周年

スマホを一時的に封印、受験生お役立ちグッズ発売

教育・受験 高校生

スマホ封印太郎(本体、封印シール、宣言シート)
  • スマホ封印太郎(本体、封印シール、宣言シート)
  • スマートフォン本体と宣言シートを一緒に封印する
  • スマートフォンを封印した状態
  • 使用説明付き
 イベント向けのアートワークやブランディングなどを手がけるもぐら製作所モーレワークスが、受験生を対象としたスマートフォンを一時的に封印するオリジナルアイデアグッズ「スマホ封印太郎」を開発した。11月25日よりAmazonで販売開始する。

 「スマホ封印太郎」は、受験生や多忙な社会人など、集中して勉強や仕事に取組みたい人のスマートフォンの自主的な管理をサポートするアイデア商品。スマートフォン本体を「いつまで」「どんな目的で」封印するかを記入した宣言シートと一緒に紙製の「スマホ封印太郎」で包み、封かんシールを張って封印する。スマートフォンを物理的に封印するだけ、と使い方はいたってシンプルだが、これまでありそうでなかったユニークなアイデアグッズだ。

 スマートフォンの1日平均利用時間は男子高校生、女子高校生がそれぞれ4.1時間と7時間という調査結果(デジタルアーツ調べ)もあり、情報収集やコミュニケーションの手段として手放せないものとなっている。そのため自己管理が難しいという側面もある。スマホ封印太郎は、限られた時間内に勉強や仕事に集中するためにスマートフォンを一時的に封印することで自己管理ができるのではないか、との考えから開発されたものだという。

 また、スマホ封印太郎は商品開発費用の一部をクラウドファンディングサイト「READYFOR?」で募り、わずか16日で資金調達に成功した商品としても注目を集めている。価格は880円(税込)。「かみの工作所」で有名な東京・立川市の福永紙工がデザインを手がけた、品質にもこだわったオリジナル商品となっている。

 これから受験本番シーズンを迎える受験生の最後の追い込み時にも役立ちそうなアイデアグッズだ。

◆スマホ封印太郎
サイズ:ヨコ10.5×タテ17センチ(iPhone6に対応)
内容:スマホ封印太郎本体×1、封印シール×1、宣言シート×1
価格:880円(税込)
発売日:11月25日(水)
販売先:オンライン通販Amazon
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)