教育ICT用語

Yahoo!きっず流行語大賞…1位に人気のダンスネタがランクイン

デジタル生活 小学生

「きっず流行語大賞2015」&「きっず検索ランキング2015」
  • 「きっず流行語大賞2015」&「きっず検索ランキング2015」
  • きっず流行語大賞2015(トップ10)
  • きっず検索ランキング2015・総合(トップ20)
  • きっず検索ランキング2015・人名(トップ5)
 ヤフーが提供する子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」は12月2日、2015年を振り返る「きっず流行語大賞2015」および「きっず検索ランキング2015」を発表した。流行語大賞の1位には「踊る授業シリーズ」で人気の「本能寺の変」が選ばれた。

 きっず流行語大賞2015は、Yahoo!きっずが選定した2015年を象徴する10個のキーワードの中から子どもたちの投票で決定したもの。1位に選ばれたのは、ダンスユニット「エグスプロージョン」が歌う「本能寺の変」。得票数7,877票と2位以下に大差をつけた。歴史の授業で習う「本能寺の変」をコミカルなダンスと覚えやすいリズムで表現し、子どもたちの間でも大流行しているという。

 2位は4,095票で芸人・とにかく明るい安村のネタ「安心してください。はいていますよ。」がランクイン。芸人ネタでは9位に「あったかいんだから~」と「ラッスンゴレライ」が選ばれた。そのほか、4位「五郎丸選手」や7位「五輪エンブレム」、8位「北陸新幹線」など2015年に注目を集めたキーワードや、3位に任天堂の「Splatoon(スプラトゥーン)」、5位に「マインクラフト」などゲームソフトがランクインした。

 また、同日に発表した「きっず検索ランキング2015」は、Yahoo!きっずで1年間にもっとも調べられたキーワードをランキング化したもので、「総合」「人名」など部門別に発表した。総合ランキングでは、1位「米」、2位「ゲーム」、3位「月」、4位「点字」、5位「胃」という結果に。人名ランキングの1位は点字の仕組みを考えたフランスの人物「ルイ・ブライユ」となるなど、学校の授業内容に沿ったキーワードが上位を占めており、Yahoo!きっずが学校や学習に利用されている傾向が見られた。

◆きっず流行語大賞2015(トップ10)
1位:本能寺の変
2位:安心してください。はいていますよ。
3位:Splatoon(スプラトゥーン)
4位:五郎丸選手
5位:マインクラフト
6位:ドラゲナイ
7位:五輪エンブレム
8位:北陸新幹線
9位:あったかいんだから~
9位:ラッスンゴレライ
※9位は同数票

◆きっず検索ランキング2015(トップ5)
【総合】
1位:米
2位:ゲーム
3位:月
4位:点字
5位:胃

【人名】
1位:ルイ・ブライユ
2位:AKB48
3位:織田信長
4位:嵐
5位:聖徳太子
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top