教育ICT用語

【センター試験2016】当日は持ち物チェックシートで確認を…Kei-Netが受験ガイド

教育・受験 高校生

センター試験受験ガイド
  • センター試験受験ガイド
  • 持ち歩きチェックシート
  • センター・リサーチ
 2016年度の大学入試センター試験の志願者数が決定し、1月の本番が近づいてきた。Kei-Netは、センター試験受験ガイドとして試験当日の朝までに確認することや試験中に注意したいことなどをまとめた。持ち物チェックシートも掲載し、受験準備に活用できる。

 ガイドでは、確認すべき項目を4つに分けて紹介。「試験当日の朝までに確認すること」として、持ち物チェックリストを表にして掲載している。持ち物チェックリストでは筆記用具や受験票・写真票のほか、学生証(身分証明証)、時計、試験場までの地図、弁当などを列挙。前日と当日の朝に確認するべきポイントなども記し、Webサイトでは持ち物や確認事項を書き込めるチェックシートを掲載している。

 また、「試験中の注意したいこと」として自分の回答を問題冊子に転記しておくようアドバイス。英語リスニング試験では、ICプレーヤーの操作準備を受験者各自で行うため、受験案内や大学入試センターのWebサイト内の「ICプレーヤー操作ガイド」で事前に確認するよう促している。

 そのほか、「試験後に行うこと」として自己採点をあげ、Kei-Netでも当日の夜から一覧にした自己採点シートを掲載することを発表。「センター試験Q&A」では、試験直前で受験票の紛失や当日忘れた場合の対応や、遅刻、受験科目の変更などに関する質問に回答している。

 なお、河合塾は自己採点結果を集計・分析して国公立大・私立大センター試験利用入試の合格可能性判定を行う「センター・リサーチ」を実施する。事前の申込みや参加費は不要。受付けは、各校舎で2016年1月18日に行い、結果は1月21日から返却する。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)