教育ICT用語

2015年Google検索ランキング、社会的問題へ注目度集まる

デジタル生活 その他

2015 年 Google 検索ランキング
  • 2015 年 Google 検索ランキング
  • 2015 年 Google 検索ランキング(カテゴリー別ランキング)
  • 2015 年 Google 検索ランキング(カテゴリー別ランキング)
  • 2015 年 Google 検索ランキング(カテゴリー別ランキング)
  • 2015 年 都道府県別 Google 検索ランキング(一部)
 Googleは12月16日、2015年Google検索ランキングを発表した。急上昇ランキングは「イスラム国」が1位、「台風」が2位、日本を大いに熱狂させた「ラグビー」が3位にランクインした。話題のニュースでは「マイナンバー」「安保法案」など国内の大きな動きに注目度が集まった。

 ランキングは、Googleでの検索量が前年と比較して急上昇したワードを「急上昇ランキング」、1年を通して検索数の多かったワードを「総合検索ランキング」としてリストアップしたもの。調査対象期間は、2015年1月1日~11月30日。話題の人やドラマ、都道府県別のランキングなど、さまざまなカテゴリーで集計している。

 今年のトレンドを映す「急上昇ランキング」は、1位「イスラム国」、2位「台風」、3位「ラグビー」、4位「マイナンバー」、5位「後藤健二」。国際問題として世界各地で大きな事件を起こしたイスラム国に関連するワードが2つ入り、国民の目を向けさせている実態が見られた。

 話題のニュースでは、4位「マイナンバー」、7位「ドローン」、8位「安保法案」と、日本国内における大きな社会的動きが上位に。ワードの意味を検索するカテゴリー別急上昇ランキングの「~とは」では、1位「国勢調査とは」、2位「ドローンとは」、3位「マイナンバーとは」、4位「安保法案とは」という結果に。それぞれの実態や内容についてインターネットの情報を駆使しながら把握しようとする傾向がうかがえる。

 また、急上昇ランキングの「話題の人」カテゴリーでは、1位「後藤健二」、2位「川島なお美」、6位「湯川遥菜」、7位「今井雅之」が選ばれ、不慮の事件やガンによる早すぎる死に多くの追悼が寄せられた。また急上昇ランキングの3位「ラグビー」に関連し、独特のポーズでも注目を集めた「五郎丸歩」は「話題の人(男性)」の9位にランクインした。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)