教育ICT用語

KIDSTONE子ども向け書籍「ぬり絵が飛び出す音が出る」12/18発売

趣味・娯楽 未就学児

Music Kids Book#01
  • Music Kids Book#01
  • Music Kids Book#01 サンプル
  • KIDSTONE
 ソニー・ミュージックエンタテインメントが設立した教育エンタテインメントプロジェクト「KIDSTONE(キッズトーン)」が、AR(拡張現実)機能を使った、色を塗った絵が飛び出して音や音楽が鳴り出す新しいタイプの書籍「Music Kids Book(MKB)」シリーズを刊行した。

 MKBは、子どもたちが音や音楽に興味を持つ最初のきっかけづくりのためのファーストブック。特定の誌面のイラストに子どもたちが自由な発想と創造力でぬり絵のように色を塗り、専用ARアプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットをかざすだけで、端末の画面の中にぬり絵が飛び出し、効果音が鳴る。さらに、キャラクターや楽器が現れタップすると別の音や音楽が流れるなど、子どもたちの好奇心を刺激し創造性を育てることを目的とした仕掛けが満載の書籍だ。

 今回シリーズ第1弾として、雑誌「POPEYE」の表紙なども手掛けるイラストレーター・長場雄氏を起用した「Music Kids Book#01」を12月18日に発売。シリーズ第2弾は2016年春頃の発売を予定しており、その後も継続的な刊行を予定しているという。

 「Music Kids Book#01」は全ページ長場雄氏による描き下ろしイラストで展開。「カラダ」「作曲家」「楽器」「海外フード」の4章で構成されている。なお、専用ARアプリはiOS、Android対応で無料ダウンロードできる。

◆Music Kids Book#01
発売日:2015年12月18日(金)
仕様:A4版、66ページ
価格:1,500円(税別)
販売先:全国の書店やネット書店にて販売
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top