教育ICT用語

明治大と順天堂大が大学間交流の包括連携…医・理工・法など連携

教育・受験 その他

握手を交わす木南英紀順天堂大学学長(左)と福宮賢一明治大学学長(右)
  • 握手を交わす木南英紀順天堂大学学長(左)と福宮賢一明治大学学長(右)
  • 明治大学
  • 順天堂大学
 明治大学と順天堂大学は12月18日、順天堂大学本郷・お茶の水キャンパスで教育・研究活動の交流と連携推進を目的とした大学間交流に関する包括協定を締結した。医学、理工学、農学、法学など両大学の特長を活かした連携施策を検討していく。

 明治大学と順天堂大学は、2002年7月から首都大学院コンソーシアムでの単位互換協定や教員の連携による共同研究などの取組みを行っており、これまでも学生交流、単位互換、教育・研究連携の可能性について意見交換を重ねてきたという。

 今回の包括協定により従来の連携をさらに推進・発展させ、医学部を有する順天堂大学と、理工・農学部、法学部などを有する明治大学が互いの特長を活かした社会貢献を目指し、今後さらなる連携深化に向けた具体的連携方策が検討される。

 協定の締結にあたり、福宮賢一明治大学学長は「医学・農学・工学に加えて、法学や商・経済・経営学も含めた連携による医療分野への貢献が期待される。両大学の教育研究資源を活用し、教育研究力の向上を目指したい」とコメント。木南英紀順天堂大学学長も「両大学において人材育成、研究、国際交流、社会貢献活動のさらなる向上が図られることに期待したい」とコメントを寄せた。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top