教育ICT用語

【センター試験2016】大学入試センター試験の日程と時間割

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 試験期日と時間割
 大学入試センター試験まであと10日となった。2016年度より「工業数理基礎」をのぞき、すべての教科・科目において新教育課程に基づいた試験問題が出題され、旧教育課程履修者への経過措置は講じない。試験日程は1月16日と1月17日。時間割は次のとおり。

◆第1日:2016年1月16日(土)
・地理歴史・公民(2科目受験)… 9:30~11:40(※1)
・地理歴史・公民(1科目受験)… 10:40~11:40
 「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」
・国語… 13:00~14:20
・外国語…【筆記】15:10~16:30【リスニング】17:10~18:10(英語のみ)
 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」

◆第2日:2016年1月17日(日)
・理科1(2科目受験)… 9:30~10:30(※2)
 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」
・数学1… 11:20~12:20
 「数学I」「数学I・数学A」
・数学2… 13:40~14:40
 「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」「工業数理基礎」
・理科2(2科目受験)… 15:30~17:40(※1)
・理科2(1科目受験)… 16:40~17:40
 「物理」「化学」「生物」「地学」

(※1)「地理歴史、公民」および「理科2」については、登録した科目数によって試験開始時間が異なる。2科目受験を登録した場合は、当日1科目のみ受験することはできない。なお、第1解答科目と第2解答科目の間の10分間はトイレなどで一時退出できない。
(※2)理科1は試験時間60分で必ず2科目選択解答する。1科目のみ受験はできない。

 2016年度大学入試センター試験のおもな変更点として、旧教育課程履修者に対する経過措置は講じられないが、「工業数理基礎」については2016年度大学入試センター試験に限り、旧教育課程履修者のための出題科目として従前と同様の試験時間と配点で出題する。新教育課程履修者は「工業数理基礎」を選択解答できない。

 なお、「英語」受験者は原則として筆記とリスニングの双方に解答する。リスニングは音声問題を用いて30分間で解答を行うが、解答開始前に受験者に配布したICプレーヤーの作動確認・音量調節を受験者本人が行うために必要な時間を加え、試験時間は60分となっている。

 病気・負傷などやむを得ない事情により、大学入試センター試験を受験できない者を対象とした追試験は、1月23日と1月24日に実施する。試験場は全国を2地区に分け、地区ごとに1か所を設定する。雪・地震などによる災害や試験実施上の事故により試験が所定の期日に実施できなかった場合も、1月23日と1月24日に再試験が行われる。

 大学入試センターのWebサイトには、英語リスニング時に使用するICプレーヤーの操作体験や、間違いが起きやすい解答科目欄の不適切なマーク例、そのほか受験上の注意事項を掲載している。本番当日にケアレスミスなどが起きないよう、事前に確認し冷静に試験に臨んでもらいたい。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら