教育ICT用語

日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング

生活・健康 小学生

 人材サービスのアデコグループは1月6日、アジア7か国・地域の子どもを対象に実施した「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。アジア全体で子どもに人気の仕事は「医者」と「先生」だった。日本人に限ると、1位は男子「会社員」、女子「パティシエ」であった。

 将来就きたい仕事に関するアンケート調査は2015年11~12月、日本、韓国、香港、台湾、シンガポール、タイ、ベトナムで実施した。日本の調査対象は6歳から15歳の男女で、アジア太平洋各国・地域では7歳~14歳の男女。サンプル数は、日本は1,000人、アジア各国・地域で150~1,500人。

 日本の子どもが将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員(サラリーマン・OL)」10.2%、女子が「パティシエ(お菓子職人)」11.0%。前年まで2年連続で男子の1位だった「サッカー選手」は、わずか0.2ポイントの差で2位になった。女子の「パティシエ」は、2位以下に大差をつけ、3年連続の1位となった。

 「会社員」は女子も3位に入る人気ぶり。「公務員」も男子3位、女子5位に入っており、安定志向の子どもが増えている可能性があるという。

 一方、アジア太平洋地域7か国・地域の子どもによる「将来就きたい仕事」では、「先生」と「医者」の人気が高く、日本以外の6か国・地域では「先生」と「医者」のいずれかが1位に選ばれた。日本は、1位が「会社員」であったが、2位に「先生」、3位に「医者」が入った。トップ3に「会社員」が入ったのは、日本だけであった。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック