教育ICT用語

N高で大学進学、カドカワと代ゼミが通学型「代ゼミNスクール」開校

教育・受験 高校生

代ゼミNスクール
  • 代ゼミNスクール
  • 代ゼミNスクール 出願手続き/入学金・授業料一覧
  • N高等学校( 出願手続き/入学金・学費一覧)
  • 参考資料 N高等学校学費概要
 カドカワと代々木ゼミナールは1月12日、カドカワが4月に開校を予定しているネットの高校「N高等学校」の提携通学コースに、大学進学を目指す生徒を対象にした「代ゼミNスクール」を開校することを明らかにした。

 「N高等学校(N高)」は、4月に開講予定の「ネットの高校」。現代のネット社会に対応した新しい高校として、授業やレポート提出はネットで行い、通学時間を問わず自身のペースで授業を受け、講師に質問できる点が特徴。そのほか、文化祭はカドカワの「ニコニコ超会議」と連携し、さまざまな地域や企業とした職業体験も用意される。さらに、2015年12月10日には、「ビリギャル」でお馴染みの坪田塾と協働し、愛知県名古屋市内に東大進学を目指す全寮制塾「N塾」を設立することも発表した。また、同日には通学生向けのプログラミング専門スクールも開校予定であることを明かした。

 1月12日に開校が発表されたのは、N高と大手予備校である代々木ゼミナールによる大学進学コース「代ゼミNスクール」。N高の提携通学コースとして開校し、大学進学を目指す生徒を対象に代々木ゼミナール講師陣が徹底指導を行うという。

 代ゼミNスクールでは、2,000以上の多彩な講座から個人ごとのレベル・目的に応じた講座や講師を生徒が自由に選択できる。授業は「映像授業」と「対面授業」から選べるほか、通学日数も週1日から6日のうちで自由に調整可能。カドカワは、この特徴をN高の授業と組み合わせることで「自由なペースで受験勉強に取り組める」と説明。学年に関係なく「ひとりひとりにあった最適な個別学習プランで勉強できる」としている。

 生徒が通学するのは、JR新宿駅から徒歩5分に立地する「代ゼミNスクール専用校舎」。校舎には、Nスクールスタッフが対応する「進学資料+相談ブース」やカフェ感覚で利用できる「オープン自習スペース」を用意。Nスクール生同士で意見交換や議論が可能なフリースペース「リベラルスクエア」も設置される予定。

 受講費は、N高の学費(入学金5万円、授業料1単位5千円×履修単位数、施設設備費5万円、教育関連諸費2万5千円)のほか、出願料1万円と入学金5万円、通学日数に応じた授業料が必要。入学資格はN高に在籍する生徒、またはN高への転入希望者。入学時期は2016年4月以降。


《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック