教育ICT用語

子どもともっと遊んでおけばよかった…6割以上のお父さん後悔

趣味・娯楽 保護者

 父と子の遊びサイト「oton+to」(オトント)は、小中高生などの子どもを持つ父親を対象に「お父さんと子どもの遊び等に関する調査」を実施。6割以上の父親が「子どもが小学生のうちにもっと遊んでおけばよかった」と後悔していることが明らかになった。

 「お父さんと子どもの遊び等に関する調査」は、パラドックスが運営する父と子の遊びサイト「oton+to」が全国の小学生の子どもをもつ父母、および中学生・高校生・高等専門学校生の子どもを持つ父親を対象にインターネット調査にて実施したもの。調査期間は2015年11月30日~12月1日で、312の有効回答を得た。

 調査結果によると、60.6%の父親が「子どもが小学生のうちにもっと遊んでおけばよかった」と後悔しており、同じように、63.5%の母親が「夫には子どもともっと遊んでほしい」と願っていることが明らかになった。

 また、「子どもと一緒に体験したいと思っていることは何か」との問いに対しては、キャンプや釣り、登山といった「アウトドア」という回答がもっとも多い結果に。ついで「スポーツ」「習い事」となったが、圧倒的にアウトドアとの意見が多く、約6割の父親が子どもとのアウトドア体験を望んでいるということがわかった。

 このような結果を受け、oton+toでは父親と子どもにアウトドア体験を提供するイベント「父子で焚き火会~星の観察と焚き火料理とコーヒーと」を1月30日に実施する。今回の調査の中でも子どもとの焚き火体験に関する質問をしたところ、72.4%の父親が「ない」と回答。イベントでは、そんな親子に焚き火の揺らぐ炎を見ながらゆっくりと一緒に過ごす時間を提供する。

◆父子で焚き火会~星の観察と焚き火料理とコーヒーと
日時:1月30日(土)16:00~
場所:城南島海浜公園 第一キャンプ場(東京都大田区城南島4丁目2-2)
定員:20組(完全予約制)
参加費:大人3,000円、小学生以下1,000円
申込方法:ホームページ記載の申込みアドレス宛にメールで申し込む
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top