教育ICT用語

【センター試験2016】データネット参加者44万人の5教科平均点は570点

教育・受験 学校・塾・予備校

データネット2016
  • データネット2016
  • 成績概況(全体)
  • 成績概況(全体)
 ベネッセコーポレーションと駿台予備学校は1月20日、大学入試センター試験自己採点集計「データネット2016」にて、センター試験の全体概況を発表した。参加者44万3,487人の5教科平均点は、総合570.1点(900点満点)となった。

 2016年度大学入試センター試験の自己採点集計結果によると、参加人数は44万3,487人、参加校数は4,799校。5教科(900点満点)の平均点は、総合570.1点、文系558.1点、理系577.2点であった。

 平均点を2015年度と比較すると、5教科総合は1.1点減、5教科文系は5.5点増、5教科理系は4.4点減(いずれも900点満点)。昨年との差が開いた教科・科目は、国語で10.9点増、数学1で6.9点減、数学IIBで8.6点増、政治経済で5.1点増、化学基礎で8.4点減、地学基礎で6.9点増、化学で7.8点減、生物で8.2点増(国語は200点満点、そのほかは100点満点)となった。

 このほか、現役と既卒に分類した集計結果も掲載している。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)