教育ICT用語

目指せ現代の「龍馬」、キッザニア東京中学生限定プログラム3/12

教育イベント 中学生

ジュニアチャレンジジャパン
  • ジュニアチャレンジジャパン
  • アクティビティの種類
  • 特別プログラム(1)
  • 特別プログラム(2)
  • 自分理解シート
 キッザニア東京は3月12日、中学生対象の特別プログラム「ジュニアチャレンジジャパン(JCJ)」を開催する。ICT、日本文化、食育など、さまざまなテーマのアクティビティや特別プログラムが体験でき、各界で活躍する大人と交流できるソーシャルパーティーなども行われる。

 JCJは、幕末の混乱期に坂本龍馬を代表とする若者たちが時代を大きく変えたように、時代を読み、自分が何をすべきか考え、自分で行動する現代の「龍馬」の育成を目指すプログラム。今回が2回目の開催となる。

 当日は、中学生向けにバージョンアップされたさまざまな職業や社会体験をすることができる。英語で体験するアクティビティは、エコショップ、CMスタジオなど23種類、日本語で体験するアクティビティはエネルギー会社、科学研究所など13種類ある。

 特別プログラムは、「iPhoneアプリ制作のプログラミング体験」「ドローン操作体験」「デジタル地球儀を使った地球環境セミナー」など、24種類が用意されている。

 午後5時から午後8時半までは、ソーシャルパーティーを開催。英会話外国人講師、オペラ歌手、お笑い芸人など、普段接する機会が少ない各界のソーシャルインストラクターと交流することができる。午後8時40分からは、グランドフィナーレが行われる。

 キッザニア東京では、JCJ当日をより楽しむために「自分理解シート」を用意。15問の設問に答えて、自分の強みや弱みを理解できる内容になっており、キッザニア東京のWebサイトからダウンロードが可能。参加者は、事前に記入し、当日持参する。また、参加する中学生同士やソーシャルパーティーでの交流のため、自分の名刺も作成して持参する。

 入場料金(税別)は中学生9,000円 、大人1,850円 、シニア950円。中学生は保護者の同伴がなくても入場できる。中学生には、施設内の飲食店で使えるフードチケットが渡される。

 このほか、中学生の将来の夢の実現をサポートするため、「JCJ Scholarship Program」と題して、中学生を対象に2月11日まで小論文を募集しており、応募者の中から30人をJCJに招待する。小論文のテーマは「20年後に生まれているだろう『新しい職業』についてあなたの考えを書いてください」。小論文は600字程度。募集要項、応募規約に保護者同意のうえ、Webの応募フォームから申し込む。

◆ジュニアチャレンジジャパン(JCJ)
日時:3月12日(土)16:00~21:00
対象:中学生(保護者同伴なしで入場可)
入場料金:中学生9,000円、大人1,850円、シニア950円(税別)
※大人・シニアはあわせて先着300人まで

◆JCJ Scholarship Program
テーマ:20年後に生まれているだろう「新しい職業」についてあなたの考えを書いてください
小論文の字数:600字程度
招待対象日:3月12日(土)16:00~21:00
募集人数:中学生30人
応募方法:募集要項、応募規約に保護者同意のうえ、Webの応募フォームから申し込む
応募締切:2月11日(木)
選考基準:文章表現、構成力、論理的な考え方、発想のユニーク性、個性など
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)