リセマム6周年

ソフトバンクC&S、墨田区と協定締結…公立小中のICT化を推進

教育ICT その他

墨田区立小学校でのICT機器活用のようす
  • 墨田区立小学校でのICT機器活用のようす
  • ソフトバンク コマース&サービス
 ソフトバンク コマース&サービス(C&S)と東京都墨田区は1月26日、「墨田区の教育の情報化推進事業に関する協定」を締結したと発表した。この締結により、墨田区内の公立小中学校におけるICT機器を活用した授業改善の取組みなどを推進していくという。

 墨田区では「指導力の向上」を目的に2014年より教員を対象としたタブレットの導入を進め、現在では区内16校の小中学校の教員約500人に導入。「いつでも」「どこでも」「だれでも」タブレットや電子黒板などのICT機器を日常的に利用できる環境を構築し、授業の改善を図っているという。

 ソフトバンクC&Sでは、今回の協定を通じICTによる指導力の向上を目的とした教員向け研修やICT機器の貸し出し、テスト導入の支援など、小中学校におけるICT活用のさらなる推進を支援していく。また、ソフトバンクC&Sと墨田区はクラウドサービスの活用も視野に入れ、今後の墨田区におけるICT教育の将来像の創出・検証に共同であたっていくという。

 ソフトバンクC&Sは、2013年よりICT教育の推進に向けた専門のコンサルティング部門を設立。これまで約200の自治体へ教育現場のニーズに対応できるICT機器の導入支援や、授業での活用サポートを実施しているという。今回の協定においても、これまで培った経験やノウハウを基に、墨田区の目指す教育目標とその実現のために必要な継続的支援を行っていきたいとしている。
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)