リセマム6周年

被災地の高校生100人を招待、米国で3週間の「TOMODACHIプログラム」

教育・受験 高校生

TOMODACHIサマー2016ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム
  • TOMODACHIサマー2016ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム
  • サンプル滞在日程表(1)
  • サンプル滞在日程表(2)
  • サンプル滞在日程表(3)
 東日本大震災の復興支援から生まれた官民パートナーシップ「TOMODACHIイニシアチブ」とソフトバンクグループは今夏、被災した東北の高校生が米カリフォルニアで研修する「TOMODACHIサマー2016ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」を行う。

 「TOMODACHIイニシアチブ」は、米日カウンシル-ジャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップ。東日本大震災後の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップなどのプログラムを通して、日米の次世代のリーダー育成を目指している。

 「TOMODACHIサマー2016ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」は、ソフトバンクグループが資金提供を行い、東日本大震災の被災地である岩手、宮城、福島の3県の高校生100人を無償で招待し、7月21日から8月11日(予定)に実施する。2016年で5年目を迎えるプログラムで、2021年まで継続して実施する予定だという。

 参加高校生は、米カリフォルニア大学バークレー校で行われる3週間の集中コースで、地域貢献やリーダーシップについて学ぶほか、アメリカの若者団体の活動なども視察。ホームステイや現地の高校生との交流を通して、米国社会や文化への理解を深めてくる。

 ソフトバンクグループの孫正義代表取締役社長は、「16歳で渡米して新しい文化に触れたこと、カリフォルニア大学バークレー校で学んだことで、私の人生は大きく変わりました。チャレンジすれば、未来を変えることができます。参加する高校生にとって、このプログラムが夢をつかむきっかけになることを強く願っています」とコメントしている。

 参加対象者は、東日本大震災発生時に岩手県、宮城県、福島県に住んでいた高校生または高等専門学校3年生。現在の住所が3県になくても構わない。募集期間は、2月3日から3月31日。参加希望者は、規定のオンライン申込書を送信し、事前課題を実施のうえ4月に3県で行われる選考会に参加する。参加者決定は5月末の予定。

◆TOMODACHIサマー2016ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム
期間:7月21日~8月11日(予定)
対象:岩手県・宮城県・福島県の高校生
※東日本大震災発生時に3県に住んでいた高校生または高等専門学校3年生。現在の住所が3県になくても構わない。
実施場所:カリフォルニア大学バークレー校
参加費:無料(渡米から帰国までの渡航費、米国滞在中の宿泊・食費・教材費を含む。選考会やオリエンテーションなど国内における交通費などは自己負担)
募集期間:2月3日~3月31日
申込み方法:規定のオンライン申込書を送信し、事前課題を実施のうえ選考会に参加
選考会実施日:4月9日~24日(4月5日まで日程確定を通知)
参加者決定:5月末(予定)
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)