リセマム6周年

藤原竜也「僕の代表作」、いじめテーマのドラマに熱い思い

趣味・娯楽 その他

藤原竜也/「海底の君へ」完成報告会見
  • 藤原竜也/「海底の君へ」完成報告会見
  • 藤原竜也、成海璃子/「海底の君へ」完成報告会見
  • 成海璃子/「海底の君へ」完成報告会見
  • 藤原竜也、成海璃子/「海底の君へ」完成報告会見
  • 藤原竜也/「海底の君へ」完成報告会見
  • 成海璃子/「海底の君へ」完成報告会見
NHKの特集ドラマでいじめをテーマに制作された「海底の君へ」の完成報告会見が2月1日(月)に同局で開催され、主演の藤原竜也、成海璃子が出席。藤原さんは本作を「代表作」と語るほどの強い思い入れを口にした。

「いじめを考えるキャンペーン」の一環として、実際にいじめを受けた経験を持つ人々への取材に基づき製作された本作。かつていじめを受け、そのせいで就職もできずにバイトで生活し、いまなお学生服を見るとパニックを起こす主人公と、現在進行形でいじめを受けている弟を持つ女性が少しずつ関係を築いていくさまを描き出す。

藤原さんは何よりも本作の脚本(櫻井剛)を絶賛。「欠点がない優れた台本で、何度も出会えるものではないです。描かれている感情に従ってしゃべれば成立するものだった」と語る。その上で、茂雄という役で「海に投げ込まれて十数年、浮かび上がれずに息もしないで暗闇の底に生きてきたという感情」を演じることが「変な言い方ですが“心地よかった”」と表現。「やっている最中はどん底にいるんですが、ひとつの重いものを抱えて、スタッフ、キャストと現場にいれば茂雄が成立していましたし、キャラがすごく僕に合っていたと思います」と振り返る。この73分の特集ドラマに対し「僕の代表作を璃子ちゃんと一緒に、監督に作っていただいたという気持ちです」と強い思い入れを口にした。

劇中、成海さんと藤原さんが海に飛び込むシーンがあるが、撮影は10月でかなり寒かったそう。成海さんは「藤原さんが先に飛び込んで、追うなら追いかけるしかないけど、自分から飛び込まないといけないので緊張しました(苦笑)。やるしかない! やらないと帰れない! と言い聞かせて泣きそうになりながらやりました。高いところは苦手なんですが…」と述懐。

藤原さんは「クソ寒い海で本番一発! テストもなして緊張しましたが、璃子ちゃんを見て女優さんてたくましいな…と思いました(笑)。役としてもそうですが、人としても男としても、僕が璃子ちゃんを支えないといけないんですけど、いかんせん、璃子ちゃんが押すんですよ(笑)! 必死で撮った渾身のシーンでした」と笑顔で語っていた。

「海底の君へ」は2月20日(土)19時30分より放送。

藤原竜也、いじめテーマのドラマに「僕の代表作を作っていただいた」と熱い思い

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)