教育ICT用語

附属池田小でICTを活用した英語教育の実証事業、公開授業2/27

教育・受験 その他

実証事業を監修する大阪教育大学
  • 実証事業を監修する大阪教育大学
  • 東芝「dynabook Tab」
  • 2月27日に開催される附属池田小学校研修会のプログラム
 大阪教育大学と東芝、増進堂・受験研究社は2月17日、大阪教育大学附属池田小学校において産学共同実証事業を開始することを発表。ICTを活用した英語教育およびクラウド活用に関する事業で、2017年3月まで実施される。

 事業では、2020年度より小学校での教科化が予定されている英語教育に向けて、デジタル化された英語教材を用いて、児童ひとりひとりに貸与されるタブレットでの学習効果を検証する。使用される英語教材は大阪教育大学教育学部の監修のもと、受験研究社の紙ベースの教材をデジタル化したもので、児童が楽しく学べる環境を整えることを目指したとしている。

 また、「学びつながるクラウド環境」としてクラウド型教育支援システムを導入し、学校や家庭での学習履歴をクラウド上に保存可能となるなど、シームレスな学習環境を実現。ひとりひとりの理解度に応じた個別適応型デジタル教材の開発に、受験研究社を中心として産学共同で取り組む。附属池田小学校では、今回導入されるタブレットを活用したフォニックスなどの新たな学習法を取り入れる。

 今回の取り組みは、大阪教育大学教育学部の吉田晴世教授が監修し、構築と運用については企業が支援する体制となる。大阪教育大学は次世代に向けたICT活用教育の指導法の研究を、附属池田小学校はタブレットおよびクラウドを活用した授業の研究を行い、東芝は手書き入力可能なタブレットなど学校ICTハードウェアを提供、受験研究社は自社の教材をデジタル化し、クラウド型教育支援システムで提供するという役割を担う。ICTを活用した新たな指導法の研究成果については、大阪教育大学より国内外に向けて情報発信される。

 なお、附属池田小学校では2月27日、教育関係者向けの公開授業と事業の取組みを紹介する研修会を開催する。事前の申込みが必要で、詳細は附属池田小学校ホームページまで。

◆平成27年度 大阪教育大学附属池田小学校研修会
つむぎあう授業~思考をひらき、学びをふかめる指導言~
日時:2月27日(土)8:50~16:30
会場:大阪教育大学附属池田小学校
対象:教育関係者
資料代:2,000円 ※事前振込み制
申込締切:2月23日(火)18:00 資料代の振込みも同日締切
申込方法:附属池田小学校ホームページから申し込む。資料代の振込み確認後、参加証が郵送される。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top