教育ICT用語

世界最大の学校SNS「Edmodo」日本語初対応、KDDI×Z会・栄光

教育ICT その他

Edomodo
  • Edomodo
  • 利用者別の機能
 KDDIグループおよびZ会・栄光グループは4月より、国内で初めて日本語に対応した世界最大の学校向けSNS「Edmodo(エドモド)」の提供、およびEdmodoを搭載した国内初のタブレットを日本大学三島高校に提供すると発表した。

 Edmodoは、米国Edmodo, Inc.が提供する世界で6,200万人のユーザーを持つ、教員・生徒・保護者をつなぐ学校向けSNS。教員は生徒に対して教材や課題を配信できるほか、生徒はSNS上で課題の提出や質問をすることが可能。保護者は教室内の課題内容や生徒の学習状況をいつでも把握することができ、情報共有ツールとして活用できるという。

 KDDIグループとZ会・栄光グループは、4月から国内で初めて日本語に対応したEdomodoを提供する。これまでもEdomodoの日本語版Webサイトなどはあったものの、サービスの日本語全対応は国内初。加えて、EdmodoとICT環境を日大三島高校に提供することで、日大三島高校のグローバル教育をサポートする。

 KDDIは、Edomodoを搭載したiPad Air2を3年間の保険プランとともに日大三島高校にレンタル提供する。Z会・栄光グループは学校におけるEdmodoの活用を支援。今後、Edmodoを通じて教材コンテンツの提供を行うとともに、より日本で使いやすくなるようなカスタマイズを進めていくという。

 日大三島高校では、2016年度の高校1年生より順次導入を進め、3年後には全校生徒に1人1台、合計約2,000台のiPadを提供する環境を目指している。Edomodoによる学習プラットフォームとSNS機能によりICTの利活用を広げるとともに、提携校との交流や留学生と保護者の情報共有を可能にし、グローバル人材育成に向けた生徒の発信能力を向上したいとしている。

 Edomodoのヘルプページや有料機能ページなど一部ページは、今後随時日本語対応していく予定。KDDIグループとZ会・栄光グループは、今後国内の学校向けにEdmodo日本語版を搭載したタブレットを販売・展開していく予定とのこと。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック