教育ICT用語

私大の補助金交付、日大が最高額…嘉悦大ほか4校で減額

教育・受験 その他

私立大学等における経常的経費と経常費補助金額の推移
  • 私立大学等における経常的経費と経常費補助金額の推移
  • 学校別交付額一覧(一部)
  • 学校種別の補助金交付状況
  • 特別補助の交付状況
  • 減額措置を講じた法人
 日本私立学校振興・共済事業団は3月10日、平成27年度私立大学等経常費補助金交付状況を公表した。877校の交付総額は3,174億2,449万9千円にのぼる。私立大学等改革総合支援事業として、418校に増額、62校に不交付、4校に減額の措置を講じた。

 私立大学等の教育研究条件の維持向上と学生の修学上の経済的負担軽減、私立大学等の経営の健全化などを目的に、日本私立学校振興・共済事業団は国から補助金の交付を受け、これを財源として全額、学校法人に対して設置学校の経常的経費を補助している。昭和45年度から平成26年度末までの交付額は11兆1,206億円に達する。

 平成27年度交付学校数は877校、交付総額は3,174億2,449万9千円。このうち一般補助は2,711億500万円、特別補助は463億1,949万9千円にのぼる。交付額を1校あたりに換算すると3億6,194万4千円となり、学校種別に見ると、大学5億1,957万9千円、短期大学7,408万6千円、高等専門学校1億7,479万8千円。また、交付額を学生1人あたりに換算すると15万6千円で、学校種別に見ると、大学15万4千円、短期大学18万円、高等専門学校23万8千円となっている。

 改革に全学的・組織的に取り組む学校に対する支援を強化するため、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援する「私立大学等改革総合支援事業」として、418校に増額配分を行った。一方、未完成や募集停止などにより62校に不交付、管理運営に問題がある東京女子医科大学や嘉悦大学など4校に減額措置を講じた。

 交付額(一般補助と特別補助の合計額)がもっとも高いのは「日本大学」95億2,092万7千円、ついで「早稲田大学」90億2,179万9千円、「慶應義塾大学」82億4,051万5千円だった。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top